2018年6月19日 (火)

キツツキ。

キツツキ。

ジオガイドさんによると、
これはキツツキの仕業だそうです。
木が穴だらけになってました。

どこに餌となる虫がいるのか
分かるんですかね。

それにしても、がっつり開けるものだなぁと、
感心してしまいました。
ここまでするのに、
どれくらいの時間がかかるんでしょう。

2018年6月18日 (月)

世界谷地。

世界谷地。

先週に引き続き湿原へ。
今回は、栗駒山の麓にある世界谷地原生花園へ。

ジオガイドさんと共に、
湿原散策を楽しみました。
今年のニッコウキスゲは当たり年だそうで、
近年稀に見るほど密集しているそうです。

どんよりした天気は時折雨粒を運んできて、
頭上の葉にあたってポツポツと音を立て、
五感で自然を楽しむことができました。

今週末も見頃が続くと思います。
ガイドさんは1時間のコース300円で、
植生について詳しく解説してくれて、
言われないと気づかないような
新しい発見がたくさんありました。
最後はプレゼントももらえて、
なんだか恐縮してしまいました。

山は、花の時期が続きます。

2018年6月14日 (木)

フキノトウ。

フキノトウ。

ちょうどフキノトウか、盛りでした。

今年2度目の春を楽しんでるような、
少し得した気分になりました。

2018年6月13日 (水)

山上の沼。

山上の沼。

八幡平山頂付近のガマ沼は、周囲が雪で覆われていました。
盛りを過ぎた桜が、まだ残っていました。

晩冬から初夏までが同居しているような風景が、
広がっています。

2018年6月12日 (火)

鏡沼。

鏡沼。

八幡平に来た目的は、
この「鏡沼」を見たかったから。
雪解け水に空が写り込んで
透き通った青さは、
「ドラゴンアイ」と呼ばれています。

まだちょっと早かったようで、
この後まん丸になって、
中央の雪の中にも
水溜まりができると開眼だそうです。

登山口から歩いて15分くらいです。

八幡平県境。

八幡平県境。

アスピーテライン県境付近の
レストハウス展望台から岩手山。

周囲はトドマツなどの林があり、
雪がまだまだ残っていました。
気温は高めで、日が差すと暑くなり、
風が吹くと寒くなる。
近い青空と雲が印象的でした。

2018年6月11日 (月)

岩手山。

岩手山。

週末に八幡平に行きました。
これは麓のビジターセンターからの岩手山。
雲が多かったおかげで、
表情豊かな雪解けの山を散策できました。

«白つつじの公園。