« 残暑お見舞い | トップページ | この海の向こうに...65 »

最悪の花火の考察。

 今日は花火大会でした。たぶん、花火師にとっては最悪のコンディションだったと思います。いや、見るほうもそう。
 で、最悪の花火大会とはどういうものか...想像できます? 雨? 風? それだと花火大会は中止になるじゃないっすかぁ~、だからいいんですよね。今日の最悪花火大会は...なにが最悪だったのかというと、
 
(1)海上で打ち上げるのに、風が陸に向かって吹く

よって、上げれば上げるほど陸が煙たくなるし、花火が見えなくなってしまう。
いや、それ以前に、

(2)濃霧、いや低くたれ込めた雲に覆われている

よって、上げた花火が全く見えない。なんか、その周辺だけが赤く、黄色く、青く光だけ。やたら威勢がいい音だけが聞こえて、花火のさきっちょしか見えないので、観客はストレスが溜まる一方。そして、

(3)そのうち雨が降ってくる

よって、ゆかたは台無しだし、口に入ってくる空気は、じめっとした誰かの汗の臭いに飽和水蒸気量。

 今日は...ものすごく破壊的な音を出す音花火を延々1時間30分聞かされたのでした。主催者側も、人が集まってしまったら中止にできないだろうしさぁ...見るほうも大変だったけれど、上げるほうも「どうせ見えないのに」と分かり切っているのに上げるのは、さぞつらかったことでしょう。折角の花火がねぇ...。

|

« 残暑お見舞い | トップページ | この海の向こうに...65 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の花火の考察。:

« 残暑お見舞い | トップページ | この海の向こうに...65 »