« とてつもなく綺麗なピンク。 | トップページ | 移り変わり中! »

ぶさいくなネコの話。

 最近、帰る経路を変えました。脳の刺激になっていいらしいですね、通勤経路を変えるのって。以前は、ポチがいる国道沿いを歩いていて、今は山のほうの坂道を歩いて帰っています。
 で、先日、夜道を歩いておりました。オレの前方を歩く女性(道が暗すぎて、年頃までは分からなかった。残念)。オレ、痴漢だと思われているんじゃないかしら...と、ちと心配になりつつ歩く。向こうが早足になればこちらも合わせて早足に...。
 と、オレの横、足元からなんとも奇妙な鳴き声が聞こえたんです。なんちゅーか、吠えるような感じで、今まで聞いたことがないような鳴き声。

 キャー。でたぁーーー!
 
 心の中で叫びましたが、前方に女性がいるのであまり女々しいところを見せたくないという、なんとも "カラ元気" 的理由で我慢。心臓は、音を立ててバクバク言ってる。
 「なんだろう?」とよく見ると、足元をすり抜けていくにょろっとした影。も・・・もしや、オレがこれまで見たこともないもの、あ、あれだ! ツチノコだっ!!! 瞬間、「21世紀最初の大発見! ツチノコ見つかる! ぺすけ氏独占インタビュー」という大きなタイトルに、オレがデカデカと写っている "東スポ" が頭に浮かぶ。

 しかし、違う! こ・・・これは。ね・・・ねこだ
 
 その前方を歩く女性宅で飼っている猫らしく、

主人が帰ってきてうれしい! 
まってました! 
メシ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 

の遠吠え!?だったらしい。
 鳴き声がどんな感じだったのか、文字で表現できないのが残念...強いて書くとね、盛りがついた猫の鳴き声を、犬の遠吠え風にアレンジした感じです。

 その後、女性と帰り道が同じになることがある(電車が少ないからね)んですが、毎度毎度、その猫の奇妙な鳴き声を聞きます。
 猫と言えば、音もなく近づいてきて、音も無く逃げていって...影武者的生活をしているじゃないっすか。なのに、この猫はまるで犬のように素直に感情表現をしています。かわいかったです。写真に撮りたくて、朝にも通ったりしてたのに、なかなか現れてくれなかったのね。で、今朝、やっと見られました。メシ食ってましたよ。茶色のネコで、見かけは普通だったね。

 でね、昨晩、やっと写真に激写することができました。夜撮るとさぁ、どうしてもこんな風に目が光るんだよなぁ~。一応、赤目防止で撮ってみたんだけどさ...ネコには効かないのな!

ぶさいくネコ1.jpg

 よーく見たら2匹写ってるんですわ、これ。分かりました?

ぶさいくネコ2.jpg

 どっちが目的の「ぶさいくな鳴き声のネコ」なのか、いましばらく観察を続けないとです。

 あ、あとねポチね、今日、日中に通りまして確認したところ、やはり犬小屋の場所を変更してたみたい...。ちょっと離れたところから、しっぽを振ってたよ。安心した...。

|

« とてつもなく綺麗なピンク。 | トップページ | 移り変わり中! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶさいくなネコの話。:

« とてつもなく綺麗なピンク。 | トップページ | 移り変わり中! »