« 名護。 | トップページ | サクラサク・・・ナノハナサク »

疲れた...

 きょうもまた、気合いを入れて朝7時に朝食食って、8時前にホテルを出発しやした。泊まったホテルが「松山」っていう那覇の歓楽街の中心にあって、国際通りをぶらぶら散歩してから帰ってくるときに客引きがすごかったですが...朝は、昨晩の喧噪な様子が嘘のように夢の後で、風が吹いていたせいかゴミが舞い上がってたよ。

 きょう行く場所は、ずいぶん迷いました。玉泉洞でもいいな~、でも海中道路を走るのもいいかなぁ~と。で、選んだのは...

 首里。首里は市内にあって、きのう行った美ら海水族館同様 "朝勝負" なんですよ。で、車で行き...首里城には入らず、"龍潭" という池のほとりで写真を撮っておりました。さらに、金城町石畳。観光スポットなんですがねぇ~、朝だからかまだ人がいませんで...近所に住んでいるであろう "おばぁ" が石と石の間の草を丁寧に取ってました。

 次は中城。城を見に。山の上にあるので、通り過ぎていく風が強くて、寒かったです。もう「沖縄にいる」という感覚はなくなってましたね。この城跡は、第二次世界大戦でも大破しなかったようで...昔の面影が随所に残っているんですよ。さらに、中村家住宅っていう昔の農家を見学して、浦添城跡(ここは、ほぼなにも残ってないんですよ)。で、空港へ戻って帰ってきたのであります。空港内も暖房が入ってましたよ。仙台は、風がなくて、体感温度的には同じくらいな感がありましたね。

 なんで城廻りしているかっちゅーと、なんかこう琉球王国の歴史にひかれまして...。お城を見ていると、なんでここに城を造ったのかっていうのか、すっごくよく分かるんですよ。城主の思いがね。前回さぁ、城をまわってたら...興味がわいてきてね。

 で、こうやって超割のときに行っているわけなんですね。

 今回行くまでは、乗り気じゃなかったんですが...やっぱひとり旅は楽しかったです。ということで明日からは沖縄の写真を...。しかし疲れた。歩きすぎた...。

|

« 名護。 | トップページ | サクラサク・・・ナノハナサク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れた...:

» 園比屋武御嶽石門 [沖縄観光データバンク]
園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん)は守礼門と首里城の正門にあたる歓会門の中間にあり、尚真・しょうしん(1477〜1526年)によって1519年に創建されたとされます。築造者は竹富島出身の西塘(にしとう)。 国王が首里城を出て各地を巡る際に道中の安全を祈願した拝所で、琉球王府の最高位の神女の聞得大君(きこえおおぎみ)が斎場御嶽で即位式をおこなう際にもここで祈願したと伝えられています。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 07時58分

» 座喜味城跡 [沖縄観光データバンク]
読谷村のほぼ中央にある座喜味城跡は、15世紀初期に築城家として名手だったといわれる護佐丸(ごさまる)によって築かれたと伝えられています。 城からの景色は絶景で、残波岬、恩納村の海岸等をみる事ができます [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 23時57分

» 斎場御嶽(せいふぁうたき [沖縄観光データバンク]
知念半島にある斎場御嶽(せいふぁうたき)は琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、国始めの七御嶽の一つといわれる琉球最高の聖地です。 2000年11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。また、一帯は沖縄県の名勝、御嶽内で出土した陶磁器と勾玉などは国の重要文化財(考古資料)にも指定されています。 琉球の最高神女であった聞得大君(き... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 10時34分

» 喜屋武岬 [沖縄観光データバンク]
喜屋武岬(きゃんみさき)は、沖縄本島の最南端に位置する喜屋武岬。ここから南の方角は広大な海が広がっているだけです。 その南の海から吹きつける風と波で削られて険しい断崖絶壁の姿をしている場所で、第二次世界大戦の際アメリカ兵に追われ、ここまで逃げてきた島民達が行き場を失い身を投げたという沖縄の悲しい歴史が残る地です。 ここから眺める風景は、きれいな青い海が広がっています。  ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 21時20分

« 名護。 | トップページ | サクラサク・・・ナノハナサク »