« ガマ。 | トップページ | 小径。 »

フク木

 「フク木」というのがあってね、「オトギリソウ科」の植物なんだって。「オトギリソウ」というのは「草」または、「ゲーム」だけかと思ったら「」もあるんですね。

 美ら海水族館のその先に、「備瀬のフク木並木道」というところがあります。フク木を防風林として植え並木道になっている、沖縄の原風景。台風が多い沖縄なので昔ながらの家屋はこういった防風林や石塀を高く積んだり、周囲より家を一段下げて建てたりと工夫しているんだよね。

フク木並木道.jpg

 地面は、砂。この道の両側には、民家があります。もちろん今も、200戸あまりの集落。生活を営んでいるんですね。山羊が飼われていたり、洗濯物が干してあったり、道ばたに収穫した野菜が置いてあったり...生活感があります。それになにより、背の高いフク木で守られている安心感。木漏れ日が優しく地面に射し込んでいます。

 「昭和の町。」で細倉の鉱山住宅を紹介しましたが、あちらはすでに人は住んでいません。こちらは、今も生活が続いています。よって、あまりじろじろとよそ様の家をのぞき込むこともできません。地元のおじいちゃん、おばあちゃんとすれ違ったとき、彼らの生活空間にズカズカと足を踏み入れたような気がして、どう挨拶していいか分かりませんでした。

|

« ガマ。 | トップページ | 小径。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

GRD」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フク木:

« ガマ。 | トップページ | 小径。 »