« Suica Power ! | トップページ | フク木 »

ガマ。

 昨日も南部を中心に巡りました。天気は、どんよりした曇りに時折雨です。「ハレオ」を自負してたんだけどなぁ~。

 で、糸数アブチラガマ(壕)に行きました。窓口で250円のチケットを買います。そこでの会話。

 おばさん:「おひとりですか?
 「はい
 おばさん:「ここがどういうところかご存知ですか?

 ?? この質問にちと戸惑いました。「ここは、悲惨な出来事があったところなんだよ。ルンルン観光地気分で来てもらっちゃ困るんだよ」という意味かと思い、自信はなかったけれど「はい」と答えました。
 実際はね、「ここを独りで見るのは、結構つらいよ」という意味だったと思います...入ってみて分かりました。

 「はい」という答えの後に、おばちゃんは、懐中電灯持っているかと尋ねてきます。

 な・・・なんで懐中電灯が必要なの? 持ってるわけないじゃん! と思いつつ、「いいえ」と答えると、

 おばさん:「じゃ、お一人なので電池を替えておきますね」と言い、
手慣れた様子で、単一電池2本を交換しはじめました。えっ、なんで? そのあと、予備の懐中電灯も渡され、なんだかちょっとイヤな予感がしてきたのです。おばさんが壕の中の地図を出して、この順路でご覧くださいと番号を示していきます。一通り話を聞いて、「では、気をつけていってきてください」との声でいざ出発。いや~~~な予感。

 チケット売店の前の道路に黄色いラインが引いてあり、壕の入口まで導いてくれます。壕の入口におじさんがいて、チケットをもぎってくれます。「頭上に気をつけてください」。

糸数アブチラガマ.jpg

 小さな入口があり入っていくと...真っ暗! あのね、

 真っ暗なんだよ!!!

 普通、こういうのってせめて「非常口」とかのランプ表示があったり、薄ぼんやり灯りがついていたりするもんじゃん。そうじゃないの、真っ暗なの。

 シーーーン

 予備の懐中電灯もつけて、天井を照らしてみると...鍾乳洞のようなつららがさがっています。沖縄は石灰岩でできているからねぇ~。滴が、つららからぽたりぽたりといたるところで落ちる音だけが聞こえる。即刻帰りたくなり後ろを振り返ったけれど...

 入ってきた穴って、どれ? 見つからないよ!

 前方には、懐中電灯の光に浮かび上がった「順路1」の看板だけ。その先には、「順路2」...。全長270mの鍾乳洞らしき洞窟探検です。誰もいなくて、石灰石の足下はつるつる滑り、歩く足音と滴の音だけが洞窟内に響く。
 なにかでそうだ...。時々、場所を示す表示に「ベッド」とか「便所」とか、「破傷風患者」とか「脳傷患者」とか...そういうのがでてきます。戦争のとき、糸数の人たちがここに逃げて隠れていたところに、陸軍病院も入って、洞窟内には数百人も隠れていたんだそうです。

 広くなりホールのようになったり、狭くなったり....

 声をあげたらなにかを起こしてしまいそうで...声を出すこともできず、懐中電灯を消したらなにかが光りそうで...インコ心臓なオレはオドオドと歩くしかできませんでした。200mちょいなんだけど、もうね、何キロも歩いたような感じで...出口の穴のかすかな光を見つけたとき、ホッとして腰砕けになっちまいました。

 こんな真っ暗で、湿気が多いところに隠れていたなんて。テレビで見たことはあったけれど、実際に目の当たりにするとその大変な環境は、想像を絶するものがありました。
 とにかく生々しくて、こんなところに逃げ込まざるを得ない状況下...戦争は悲しいものだな、いいことひとつもないなと再認識しました。

 ここは、団体で行かれることをオススメします。決して独りで行かないように。怖い思いをします。そして、帰りの車では「ざわわざわわ」と歌いましょう...さとうきび畑が広がっています。

|

« Suica Power ! | トップページ | フク木 »

旅行・地域」カテゴリの記事

GRD」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
もうね、懐中電灯を消したらきっと、目をつむっているのか、開けているのかも分からないほど真っ暗...だったと思います。怖くてできなかったけど...。
あの場所に何ヶ月も身を潜めていなければならなかったなんて、想像できないほど大変だっただろうなって、それしか言葉がでてきませんでした。

投稿: ぺすけ | 2007年4月10日 (火) 00時25分

すごい体験をしたんですね。
怖いよね…。
でも、現実だったんだよね。

投稿: YURI | 2007年4月 9日 (月) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマ。:

« Suica Power ! | トップページ | フク木 »