« たんぽぽ? | トップページ | カラフルな流れ。 »

指一本の妄想。

 今朝、慌てて家を出てしばらく歩いたら、なんかおかしくて。いや、足のほうがスースーと冷たくてさ。

 「あれ!? オレ、ズボン履いてきたっけ?

 と不安になり、下を見たら履いてたので安心。ただ、そのとき気がついたんだ。スーツの上下が揃ってないって。夏物のズボンに冬物の背広だったんですなぁ~。柄が違っていて、ちょっとちぐはぐ。

 そういうのいたって気にしないB型なので、「とりあえずズボンを履いててよかったよかった」と思いながら通勤電車に乗り込みました。

 さて、電車内にて。混雑している中、誰かがでかい声で電話してる...聞きたくなくても聞こえてくる話。

○○(名前)がぶっ壊して~
 ・・・
オレも事情聴取受けたっすけど~
 ・・・
○○(名前)に罪かぶってもらうしかないっすよ
 ・・・
差し入れくらいしかできないっすねぇ

 混雑している電車の中。でかい声でそんな話が聞こえてくるとは...。しかも、この田舎で。
 ちょっとビビるね。話の内容も去ることながら、そういう会話を電車内でできるところにね。

 車内が不穏な霧に包まれた頃、電車は終点に到着し...降りるときにちらりと見たら若いにいちゃんでした。
 せめてあれですわ...

海に沈めたんですけどぉ~
 ・・・
浮かんできちゃって、やり逃したっすよ
 ・・・
オレの失態です。指一本でいいっすか

 みたいな話じゃなくてよかったです。電車の中で、そんな話をされたら・・・どうしようか...などと妄想をふくらませつつ、勝手にダークになって、会社へ向かったのでありました...。空もどんよりです。

|

« たんぽぽ? | トップページ | カラフルな流れ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指一本の妄想。:

« たんぽぽ? | トップページ | カラフルな流れ。 »