« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の65件の記事

光源氏が愛した場所...

 船は、千賀の浦を島に向かって進むのね。

 その昔、源融(みなもとのとおる)という人がね、この地を大変気に入って、京都六条に庭園を造ったそうですよ。堺から毎日毎日、海水を運んで...池には島を配置して...。
 彼がね、光源氏のモデルになった人なんだそうで...その庭園の跡地は、地名が「塩竈」なんだそうですね。

Photo_2

 この島は、「材木島」と思われます。島肌の地層が、材木を積み重ねたように見えるから...だったかな。

飛翔。

 「おまえは、えびせん持ってねぇーのか?」

Photo

 と言っているような目で、こちらをじぃーっと...。

「スミマセン。なにせJRが...」

ウミネコがえびせん祭り。

 こういう船に乗ると、ウミネコ、かもめの類が集まってきて、ちょっとした祭りになりますね。

Sea_mew

 こう見えても、羽を広げると結構でかい。ふと後ろを振り向いたら、襲いかかってくるのかと思えるほどいるので...びびります。

 彼ら、オレが小学生だった頃は、投げたえびせんを海で上手にキャッチすることで人気だったな。

 ちょっと前には、手に持ったえびせんを...飛びながらゲットしていくことで、さらに人気になったな。

 そして今...

Festival

 手すりに止まって、えびせんをもらっております...。疲れ知らず...。

島じかんを楽しむために...

 今日は、天気もめちゃくちゃいいし、かつ暖かくて...予想最高気温が19度になるってんで、花見にでも行ってくるかと。で、浦戸諸島に行ってきましたよ。

 

松島湾に浮かぶ、有人の島々巡りです。

 船は、塩竈港から出るんですよ。この離島航路は、比較的本数が多くて今の時期は、1日7往復あるんですね。概ね2時間に1本。そもそも塩竈の駅に行く電車の数も多くなく、乗り換え時間15分という危険な道を選んでしまったオレでした(駅から桟橋まで10分あるから)。

 塩竈の駅がもう目の前。空は青空。

 大人げないのは十分分かってはおりますが、ワクワクしておりました。ハイ。そしたら電車が急停車しちゃってさぁ〜...。しばらく、ヤキモキしていると車内アナウンス...他の線の緊急停止信号受信とか言って...。動けよ、このくそJRめ...と悪態をついたり、地団駄踏んだりしてたら、やっと動きだし...8分遅れで到着しました。

 えっと、連絡船の発車までは15分あったが、8分遅れたので...駅到着時点で船の出発7分前。小学生でもできるこの文章問題を解くのに、少々時間がかかるも、「これはやばい」と思い半ば諦めはいる。

 「もう家に帰るしかねーな。次の連休に出直しじゃ

 でも、一か八か駆けてみるのが男っちゅーもんじゃないのか。ええ? 諦めるんじゃねー!

 との天の声に導かれ、寝違えで首が痛いのを抑えて走りましたよ! 走った走った!


 ワッセワッセ!

 JRめ! 許るさん! とつぶやきながら。
 港の券売所...奇跡的に滑り込みセーフでさ...息を切らせたオレを見て、親切な係のおじさんが、船待たせてくれてさ...いわゆる「駆け込み乗船」状態でした。
 いやいや、それもこれもJRのせいだから! とは言いませんでしたがね。

んでも...

 気がついたら寝違えが楽になっていましたよ。これって、走ったからか、もしかして...? 
 あ、あ、ありがとう、JR。

 ということで、明日から浦戸の写真で...島を紹介しますよ。

貼るは、ハの字でサ○ンパス。

 先週の火曜日からなので、かれこれ1週間。相変わらず、肩というか...首が痛いのです。当初、寝違えたと思っていましたが...これほど治りが悪いと、別の病気を疑わなければなりません。

 とはいっても、なにも対策をしていなかったので...
 
 今日は昼休みに例のだるま薬局で(あ、だるま薬局というのは前にも書いた通り、マツキヨみたいな...仙台のドラッグストアね)、サ○ンパスを買ったんです。サ○ンパスは40枚600円。そのサ○ンパス棚の近くには、フェルビ×クなんちゃらっていうのが7枚800円で並んでおりました。

 「これはどう考えてもサ○ンパスだろー


 
 と思いましたが、サ○ンパスくらいでは治らないような予感がしたので、とりあえずサ○ンパスとフェルビ×クの両方を購入してみましたよ。

 で、今、貼ってます。「サ○ンパス」を。
 
 単純に計算してみても、1枚あたり15円程度のサ○ンパスと、100円以上するフェルビ×ク。気軽に貼れるのはサ○ンパスのほうでしょ? フェルビ×クのほうは、家に帰って風呂に入った後にべったりと貼り付けて、明日も丸々一日貼り続けてやるぞってな勢いで、貧乏根性丸出しなのであります。

 今、CMの効果もありまして...ハの字に貼ってます(完璧に、CMに影響されやすい、踊らされるタイプなのだ、オレは)。

 効きはいい感じでしてね...貼った直後からスースーして、じわぁーっと筋肉の血行がよくなっている感じ。首を動かすのも楽になってきましたよ。
 でも問題が...


 
 異様に臭い(「異様」であり、「硫黄」ではない)んだ。


 
 ハッカというか、メンソールというか、なんというか...そんな臭いをまき散らして、周囲に大変なご迷惑をおかけしております。今さっきも、「この辺、湿布くせーなー!」と祭りになっておりました。はい、犯人はオレです。オレですよ。さすがに、「この辺、クールな臭いだなぁ~!」などとは誰も言ってくれませんね。
 とりあえず今晩は、このままサ○ンパスを貼ったまま風呂に入って、じっくりと浸透成分を染みこませてから、べりべりべりと勢いを付けて引っぺがしてやろうと今から企んでましてね。楽しみですぜ、へへへ。

 心配なのは、風呂上がりにフェルビ×クを貼ってもなお、治らなかったときなのだ。そうなったら最後の手段は...最後の手段は...

 「エレキバン」 P !

 これしかねーよなー!


 
 寝違えなんて、しばらく放置してりゃー治るわい!と思ったいたあの頃に戻りたい...そんなことを思う、昼下がりなのであります。

 周囲のみなさん、悪臭を放ちご迷惑をおかけしまーす。

今年はどうなる?

 これなんだけどさぁ〜。

Hydrangea

 去年咲いたあじさいね、花がドライフラワーのように残っちゃってんの。で、新芽が出てきて、この次は花が咲くはずだよね。

 残った、去年の花はどうなっちゃうんだろう。

迷宮。

 この映画がなんだかとてつもなく見てみたくてさ、金曜日の仕事帰りに某ヤマダ電機でDVDを購入したんですよ。

 「パンズ・ラビリンス」

 「パンの迷宮」ね。パンちゃんという女の子が、迷路のようなお城に迷い込んで、妖精さんやら、うさぎさんやら、いかれ帽子屋さんやらハートの女王やらが現れて、トラブルに巻き込まれながらも、成長していく話。

 では、ない!

 確かにこの話は、ファンタジーだと思いますが...大人向けのものだと思われ...戦争とか、生命とか...そういうのを説いているようで、大人の現実社会と、子どもの妄想?が生み出すファンタジーの世界が交錯していくのね。
 こんなファンタジー映画は、ちょっと見たことがないですねぇ〜。人はよく死ぬし、残虐で全体的にどんよりしているし、ファンタジーにつきものの空想の生き物も妙に気味が悪いし...。

 ただなんか、見終わった後...「禁じられた遊び」とかさ、「フランダースの犬」とかみたいに、心に染みる切なさがありましたね。伝わってくるものが多い映画でした。気分は重くなったけど...

八重。

 八重っすかねぇ〜。

Prunus_lannesiana

新緑。

 もみじも新緑ですねぇ〜。

Maple

太陽が気持ちいいのにゃ。

 とある住宅地の公園にて。朝日を全身に浴びて、気持ちよさそうにしている猫発見!

1

「もしもし。こちらの公園の主猫様ですか?」



「公園の主は、あっちだにゃ」

2

菜の花シーズン。

Photo

 川縁の菜の花であります。うちのあたりじゃ、これから菜の花シーズンです。

土手を散歩。

 さもない川の、土手に咲く桜です。桜並木になっていて、隠れた花見スポットでね。

Embankment

 人がほとんどいなくて、時折、じいちゃん運転の軽自動車が、生活道路を通り過ぎるのが印象的でした。

電子辞書購入の件。

 オレが知らぬ間に、なんと便利なものが発明されていたのか。
 
 いやね、存在は知ってましたよ。だって、ジャパネットのタカタ社長が、机の端から端まで並べられた大量の辞書・辞典を指さしながら、

 「ここから、ここまで! いいですかみなさん、これ全部、この電子辞書に入ってますよ!」

 と、「ああ神様!」天を仰がんばかりに絶叫しているのを、時折、お見かけしておりましたから...。
 そんな様子を見て、これまで...


 
 「あっそ。でも、そんなの関係ねぇ~。オレ、学生じゃねーし」


 
 と、至ってクールなまなざしで見ていたのは、なにを隠そうオレであります。
 世の中便利になったもので...知らない言葉、言い回しが分からない言葉を調べる時はネットだし...本を読んでて知らない言葉が出てきたら、そりゃーその前後の文脈、ニュアンスだけで勝手に解釈してスルーだし...

 ただ、こうやってブログをライティン "グ~!" してて...この語彙の少なさの暴露っぷり、その少なさたるや一昔前...物資不足に陥ったロシアのスーパーの棚を彷彿とさせるところに嫌気が差しましてねぇ~、ハイ。話し合いの結果、現在のロシアのスーパーのようにモノが豊富にあるものを目指そうということになりまして。あ、話し合いって、"自分と自分で" ってことですよ。
 まぁそんなこんなで、購入と相成りました。
 
 キャッシン "グ~!" でショッピン "グ~!" であります。
 
 使ってみて、その便利さに驚愕しております。検索はもとより、発音を聞いたり、図を見たり...クイズをしたりなんだりかんだりで、様々なうんちくが走馬燈のように現れては消えていくその様子に、目から鱗ですよ。
 本を読んで知らない言葉が出てきても、安易にスルーせずに...意味を理解して読み進める。チェッキン "グ~!" な癖がつきつつある今日この頃です。

 ちょっと気になったのは...ネットでも電子辞書でも...
 気軽に調べて、簡単に答えが出てくる...
 これってなんだか、"解った気" になっているだけで、実は全然解ってないんじゃないあか、ナッシン "グ~!" ってことでして。オレの場合、次の言葉を調べはじめると、前に調べた言葉の意味も忘れてるし...。その昔、電卓が現れて、暗算することがなくなり、結果...いまでは足し算引き算すら自分の頭でするのが難しくなっている事実に危惧しているというか...
 前後の文脈、語感からあーでもないこーでもないと意味をシンキン"グ~!" するのも、おもしろいような気がすんですがね...どうなんでしょ。

 なにが言いたいのかというと...電子辞書は、
 
 バッチ "グ~!"



 
 ただただ "グ~!" が言いたいだけの駄文、失礼いたしました。

桜と神社。

 大きな神社の次は、小さな神社です。

Shrine

 田んぼのその先にあって、山の傾斜に鎮座していました。典型的な田舎の風景、なんかホッとさせてくれます。

 桜がここにあることを知ることができるのは、今の時期だけですね。

頸部筋肉の急性炎症になりました。

 頸部筋肉の急性炎症になりました。寝違えたってことっすけど...。
 
 もう本当に勘弁してもらいたいです。朝起きたときの、肩に来る鈍痛。

 「うん? あれ? あれれ? 首、回んなくんね?」

 みたいな。もうそれだけで会社休もうかって思っちゃう。それもこれも、運動不足に起因していると思われるわけですがね。

 思えば...最近、同じ格好を長時間維持し続けるっていうのができないんだよね。昔はできたような気がするんだよ、うん。例えば、こたつに入って横になってさ、ずーっとテレビを見続けるとかさ...苦も無くできたんだけど、最近、これすら15分もすると "苦" になるんだよなぁ~。それでも続けると、筋が痛くなってくるのね。その原因も、"年" ってことで片付けちゃっていいのだろうか。

 ところで、この「寝違え」。いったいどんな寝姿の場合に発生するのか、興味ないっすか? 首が、オイ無理だろと目を覆いたくなるほどに折れ曲がった状態で寝ているのか...はたまた、オマエ起きてるのかと声を掛けたくなるほど布団の中で暴れ回っているのか...。VTRに撮って、見てみたいものですよ。

 寝ているときの自分...ただいまの所、この不思議は宇宙の果てがどこにあるのか...以上の関心事であります。

 まさか、夜な夜などこぞに遊びに行ってるわけじゃないよなぁ~。そういや、昨日の夜にはなかったコンビニ袋が...今朝はあったような気がする。目をつむったまま、買い物に行ってたりしねーだろーなー。

 これはあれですか、あの花...真っ赤なあの花ですか(→内部リンク)。
 
 夜になると起きだして、人格が変わった自分がバイクのエンジン唸らせながら...かっ飛ばしたりしていないか、実はちょっと心配だったりする今日この頃です。

狛犬吠えた...

 出雲大社は、今年、遷宮だそうですね。60年に一度の本殿一般公開だとか...。一度はお参りしたいものですが、たぶん今回を逃すと...もう二度と...。そんな鬱方面に妄想を膨らませてもしょうがないわけですが...

Photo

 塩竈神社も平成23年に遷宮だそうです。
 遷宮って、ご神体を「左宮」から「右宮」に移すものだと思ってたんですが、違うらしいっすね。

狛犬にらんだ...

 桜というと神社仏閣に行きたくなるのは、なんでなんだろうなぁ〜。

Stone_guardian_dogs

 神社のこの独特の雰囲気、静かで、空気が張り詰めていて...そんな中で見る桜は、いつもの桜とまたちょっと違った感覚で見ることができます。

下から見ると迫力あり!

 「桜」と聞いて、まぁ最初に思い浮かぶのは、やはり「ソメイヨシノ」です。
 だからかどうか、しだれ桜のしだれっぷりが新鮮だったりするんですね。

Prunus_pendula

 横から見てもいいし、真下からみると...覆い被さってくる感じが迫力あったりするんですよね〜。

穏やかな海を見て...

 前日の嵐が信じられないほど、穏やかな日でした。

Island

 西行戻しの松。その名の通り、西行がここまで来て...引き返したというところだそうです。確か、「あこぎ」の意味がどうのこうのという逸話があるんだそうですよ。

ネットの不具合につき。

インターネットが不具合で、うまくつながらないんですよ。

正確に言うと不安定なの。

うち、ADSLなんだけどさぁー
これって気象条件によって、不安定になったりするのかな?

Saigyo_modosino_matsu

写真は、松島唯一の桜の名所、西行戻しの松公園です。
桜の海でした。潮風に桜もなかなか爽やかでよかったです。

まだ蕾な桜。

 まだ蕾な桜です。

Prunus_lannesiana

 国の特別天然記念物で井原西鶴やら近松門左衛門やらの作品にも登場する、八重桜の一種だそうですよ。

 大阪造幣局にも植えてあるらしいです。大阪では咲いているのかなぁ〜。こちらでは、ゴールデンウィークのあたりに満開になります。咲くと、こんな風になります(→内部リンク)。

千賀の浦。

 盬竈神社の境内から眺めると、海が見えます。「千賀の浦」です。

Chiganoura

 平安の頃は、もちろんあのマンションは無かったわけで...ある意味、邪魔なわけですが...まぁそれも時代の流れでしょうか。千年以上もの歴史から考えれば、眺めが遮られている時間も一瞬なのかもしれません。

神社。

 桜というのはねぇ〜、一昨日の夜から、相当な風が吹き、雨が降ったのにもかかわらず...満開の花を付けておりました。頑張ってくれますねぇ〜。

Shinto_shrine

 塩竈神社の桜、嵐の翌日も満開でした。

猫です。コンニチハ。

 歩いていましたら、細道の塀の上に猫がおりました。この目線になると、ちと驚くものがありますよ。

Photo

 急いでデジカメをスタンバイし、撮りましたよ。

 逃げるかな?

 と思ったら、近づいてきて...

Photo_2

 愛想を振りまいてくれましたよ。

白木蓮

 浮いてるような、飛んでるような...

Yulan_magnolia

 真っ白の花が、雪を思わせるような...白木蓮は、花が躍動感があります。

ヒュウガミズキという花。

 この花、結構、気に入った!

Corylopsis_paucifiora

 いやね、レンギョウもいいんですよ。枝も見えないほどたくさんの黄色い花でさ、鮮やかだしさ...でもなぁ〜、可愛げというかなんというか...そういう意味だと、こっちが勝ちかなぁと...。

一度脱ぎ捨てたコートは…

一度脱ぎ捨てたコートは…
今日は雨ですねー。

こんな日は、ビーチパラソル並みの巨大な傘が大活躍ですよ。
天気予報では、最高気温が11度と……。
こうなってくるとしまったコートを引っ張り出したくなるけれど、
ここはひとつ我慢してみる。

昨日はコートを着ている人がいなかった電車でも、
今日は半分くらいは羽織ってますよ。

曇った車窓から見る桜は、ソフトフォーカスで幻想的でした。かろうじて満開を維持しています。

カンヒかヒカンか...

 要所要所にボランティアのおじさんが立ってて、花見山の花を案内してくれるんですね。
 で、これ。カンヒザクラ。おじさん曰く「これ以上は花が開かないんですよ」と...

Prunus_campanulata

 カンヒザクラの特徴で、下向きに花が咲くんですが...オレが沖縄で見たのは、こんなんですがね(→内部リンク)。

 やっぱ、沖縄のほうが生育がいいのかな〜。

レンギョウの森。

 花見山の中腹あたりに、レンギョウの森がありましてね...

Suspensa

 桜とか、桃とか...優しい色なのに対して、レンギョウは突き刺すような黄色で...まぶしかったです。

ボケ!

 「ボケ」

 最近の、私の仕事っぷりを表すような言葉であります。花は、真っ赤で綺麗ですねぇ~。

Quince

春の原っぱ。

Grass

ぺんぺん草で遊ぼう!

ひなたぼっこも...

 かなりゴキゲン。

Dairy

桜の木の下では...

 みんな笑顔で歩きます。

Photo_3

彼岸桜。

 彼岸桜。

Photo_2

 もうなにがなんだか...

花見山に向かって...

 花見山に向かって、軽やかな足取りですよ。

080412_120726_2

 花卉農家の里ですので、あちこち花だらけなんですよねぇ~。花見山は善意で公開している公園なので、もちろんロハなんですよ。

川堤で花見。

 一目で千本見えるかな?

Photo_2

 宮城・大河原にある一目千本桜です。今週、見頃が続きそうです。

扇状地の山から眺める。

 扇状地の丘陵から、盆地を眺めると...

Photo

 レンギョウや桃、桜の間から見えるのは福島市ね。

 都市から山間への移り変わりが見られて、おもしろいっす。市内からは、バスで15分。途切れることなく、バスが到着します。山から800m手前でバスをおろされ、そこからは徒歩なんですよ。その800mも菜の花だの桜だのの畑があって、飽きさせません。

人出あふれかえる...

 すごい人出なんですよ。今年は、JRのポスターにも使われて...あちこち駅に貼ってるんですね。そのせいか、去年よりも人出が多いみたいですよ。

Photo

 山間の、いつもは静かな農村風景が...この時期は、大変な賑わいです。

花見山。

 福島・花見山です。

P4121720

 去年は半信半疑で行ったけれど、今年は期待満点で行って参りました。期待通りの美しさです。

 去年もね、見たときには感動したんだよね。でも、その感動を忘れてたなって...今回行って思った次第です。

 ソメイヨシノはもうちょっとだったけれど、ここの場合はソメイヨシノが主人公でもないので...長い間、お花見を楽しめるみたいです。

あじさいの名所。

 極楽寺から御霊神社に向かう途中に、成就院というあじさいが綺麗なお寺があってね。

Img_0881

 桜と桃が咲いてましたよ。ここは、バックに由比ヶ浜、材木座が見えてさぁ...いいんですよ。
 去年は、あじさいが見られなかったけれど...今年はどうやら大丈夫なようです。

寺のテーマパークだ!

 鎌倉の「長谷」と言ったら、大仏様を見にくる人がたくさんいるわけですが...

Img_0909

 大仏はいつ見ても大仏なわけで...オレは大仏を却下して、こちらの長谷寺に来ることのほうが多いんですよ。

 この寺はもう、庭園あり、花あり、あじさいあり、竹林あり、写経あり、洞窟ありの巨大観音ありの上に、眺め良好で...もう「寺」のテーマパークですよ。

Img_0942

 庭園では、しゃくなげの花が盛りでした。

Img_0924

 ソメイヨシノも盛りでした。

彼岸桜かなぁ〜?

 同じく妙本寺。これさ、彼岸桜かな?

Photo_4

 桜は、あまりにも種類が多すぎて...どうも見分けがつかないんですよねぇ〜。

妙本寺。

 この寺には、始めてきました。妙本寺。日蓮宗の寺ですね。

Photo_6

 このあたりは、日蓮宗の寺が多いですね。一方、北鎌倉は臨済宗、長谷のあたりは浄土宗が多いような気がするが...気のせいかな。

 うっそうとした木立の坂道を歩いていたら、老夫婦に案内をしながら登ってきた人力車。つらそうなのに、笑顔で案内しているところはさすがプロですよ。
 で、祖師堂ではプロのような大きなカメラを構えている方々が...。

 寺の佇まいが、格式の高さを感じさせてくれます。

品のあるお寺。

 品のある寺なんですよ、北鎌倉・東慶寺。

Photo_2

 昔は、尼寺だったんだよね。庭の造りが、細やかでさぁ〜。

 あじさいの時期もお勧めですよ。

みやぎの桜はこれからですよ

みやぎの桜はこれからですよ
近所の小学校の桜です。

歩道まで伸びた枝が、桜の屋根みたいになっててさ、
天気いい日は気分いいね。

六分から満開くらいになってます。
今週から来週、花見日よりですね。

迫力の門。

 建長寺です。

Photo

 鎌倉の桜をはじめてみたのがこの場所で...なので、桜の時期にはどうしても来たくなるんですよ。

 迫力ある門と、満開の桜が対照的なんだよね。

 桜前線はずいぶん北上してね、昨日、仙台でも満開になったそうです。

ワッフル祭り開催中!

ワッフル祭り開催中!
たい焼き祭りが終わって、ただいまワッフル祭り絶賛開催中のオレです。
マイブームが目まぐるしく変わる、これB型人間の特徴なり。

台場のアクアとブクロのサンシャインにうまいワッフル屋があって、行けば必ずと言っていいほど立ち寄っておりました。

さて、このワッフルは、ベルギータイプのワッフルですか?
本当はホットケーキみたいに皿に乗ってて、生クリームにバター、メープルシロップをたっぷりかけて召し上がれタイプが好きです。
が、伊丹空港のワッフル屋で売ってるコイツも大好きです。チョコレートがかかってて、ちょっとしっとり。
出張帰りに必ず買い、飛行機出発までの間に、むしゃむしゃと食うわけです。

至福な時間キター(・∀・)ー!

って感じですよ。

缶ビール片手にサラリーマン、が定番な夜の空港で、
ワッフル片手にサラリーマンなのでした。

ちなみにワッフルは必ず2個買います。理由は分かりません。
これもまたB型人間の特徴かもしれません…。

絵になる風景...かも。

Photo

 神社に参拝するには、まずは境内への階段を登る。

 すると、踏切が現れるので左右を確認する。さらに、鳥居をくぐって階段を登る。

 御霊神社(ごりょうじんじゃ)ですが、電車の中から参拝できるのではないかと思えるほど近いところを通過していきます。ほぼ神社の境内を走ってる感じですね。

 鎌倉のポスター(→外部リンク)に使われているんですよ、この風景。


極楽寺駅前のソメイヨシノ

 江ノ電の駅はこぢんまりしていて、素朴なんですよねぇ。

Photo_10

 この駅を降りるときには、ほとんどの場合、「雨」または「限りなく雨が降りそうな曇り」の日で(あじさいを見に来るからか...)こんなに天気がいい日に降りるのは初めてでさ。

 この場所は "雨" が合うなって風景ってなかなかないけれど、オレの中では、この駅、シトシトと雨が降っている風景がどんぴしゃ似合う代表的な風景でした。が、本日、この風景に接して、変わったのであります。陽光が似合う場所に変更。

 駅前には、レトロなポストと公衆電話。そして、ソメイヨシノ。舞台が整い、あとは登場人物を待つだけ...って感じですよ。

大阪の桜。

大阪の桜。

大阪の桜は、今が見頃みたいです。
東京より大阪の方が遅いんだね。

今晩から明日にかけては天気が悪くなるようで、散ってしまうかもしれません。

源平池の桜。

 源氏池と平家池。仲良く並んで、源平池です。

 こちら、平家池の桜です。

Photo_8

 夏に咲く蓮の色は、赤です。

 こちら、源氏池です。

Photo_9

 蓮の色は、白です。それぞれの旗の色を表したものらしいっすよ。

 それとね、平家池は島が4つ、源氏池は3つあるのね(→google MAP)。4つは「死」、3つは「産」を表しているとか。

 鎌倉っていうのは、段葛の工夫といい、島の数といい...探ってみると新しい発見があって、楽しい場所なんだよねぇ〜。

段葛の桜並木。

 ディズニーランドのワールドバザールは、エントランスから中に向かって道幅が少しずつ狭くなっていて、遠く広く見えるようになってるらしいっすね。

Photo_7

 ここ段葛(だんかずら)も、鶴岡八幡宮に向かってちょっとずつ狭くなってるんだって。遠近法を使って、敵を欺くためだったらしいっすよ。

 実際、500mもあって、結構長いんですけどねぇ〜。

狛犬、吠える。

 鎌倉の八幡さま、若宮大路・二の鳥居の狛犬であります。

Photo_6

 吠えているようでもあり、笑っているようにも見えるのであった...。

目黒川のオーロラ。

 目黒川の夜です。中目黒の駅から、ずずっと続いているんだよね。

Photo_5

 水面に映った光が、オーロラのように輝いてましたよ。

粒々トンネル。

 上も見ても、下を見ても、

Photo_4

 桜の花ですよ。

桜の石畳。

Photo_3

 無数の粒々は、桜の花びらね。

 ここは、墓地です。谷中の。

 昔、友達とここでささやかな花見をしたことがありました。谷中は、下町情緒が色濃く残る街でね。墓地だって、徳川とか伊達とかさ、もう歴史の深さを感じる名前を見ることが出来るんですよ。

 地元の人たちの、密かなお花見スポットなんだよね。

五重塔が桜に隠されて...

 上野公園にある五重塔ね。東照宮の横にあるんだよね。

Photo_2

 金曜日の時点で上野の桜は、満開を少し過ぎたくらいでした。

 仙台から行ったわけですがね、この時期、新幹線で東京に来ると、タイムマシンで旅行している気分になるんですよ。車窓の風景が、桜が全く咲いていないまだモノクロの風景から、だんだん咲いてきて、満開の桜と若草色の山々になって...と目まぐるしく変わっていくところがおもしろいんだよね。

 満開の桜を、ちょっとだまされているような気分でぱちぱちと撮り続けたのでした。

週末は上野公園。

 上野公園です。金曜日の昼間なのに、もう場所取りで道は真っ青なシートに覆われていますよ。

Photo

 花見って、アウトドアな雰囲気を楽しめるところがいいよね。風があってさ、いつも居酒屋で飲んでいると...新鮮なんだよねぇ〜。

 今晩は夜桜見物がよさそうですよ。

青色の花。

 たぶんアネモネでしょう。

Photo_3

黄色の花。

 黄色の花は種類が多すぎて、この花は...?

Photo_2

 分からないので、この場は「フリージア」ってことにしておきます。

黄昏の桜

黄昏の桜
いやもうピンクの世界です。

すべてが優しく淡い色に包まれていて、あったかですよ。

井の頭公園です。

紫色の花。

 それほど花について詳しいわけではないので...

 この花がなんなのか、見当もつかなかった。

Photo

 自信はないんですが、「アネモネ」でいいんですかねぇ。春の陽をたっぷり花びら全体で受けてましたよ。

桜はまだつぼみです。

 あっちこっち桜が咲いて、散り始めているようですねぇ〜。

Photo

 まだ、これからです。蕾は、ぼこぼこ膨らんでいるので、もうまもなくでしょうねぇ。

 「入学式」というと、「桜が咲いている」イメージの絵が多いじゃないっすか。クリップアートの「入学式」の挿絵とか。あれ、違和感あったんだよね。自分が入学するときに、桜が咲いていた試しが無いっすよ?

 東京に行って、納得したんですけどね。まるで合わせているように、その時期、満開だもんね。

 仙台の開花予想は7日だそうです。

なんか調子が悪いなぁー。

なんか調子が悪いなぁー。

ネットが風の影響なのか、調子が悪く、時々つながらなくなるのね。
しばらく放置するとつながるようになるんだけど。

しょうがないので、先日、オレの腹の中へ旅立ったたい焼きくんの写真を、携帯からアップしてみる。

しかし昨日の風はすごかったですね。空がうなり声をあげているようで、時々仰ぎ見ては滑るように流れていく雲を確認してましたよ。
電車はなかなか動かないし散々だったわ。

今日は一転、ぽかぽか陽気になりそうですね〜。

カバの名前。

 4月の一発目は、この花。

Photo_2

 ヒヤシンスなんだけどさ、この花を見るとね、友達の弁当に入ってた "タコウインナー" を思い出しちゃうんだなぁ~。うちのは、そういうしゃれっ気が一切無い弁当でしてね...妙にうらやましかったような。

 ディズニーのクラシックアニメの世界では、ピンクのカバの名前だったりします。"ヒヤシンス"。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »