« 八重。 | トップページ | 今年はどうなる? »

迷宮。

 この映画がなんだかとてつもなく見てみたくてさ、金曜日の仕事帰りに某ヤマダ電機でDVDを購入したんですよ。

 「パンズ・ラビリンス」

 「パンの迷宮」ね。パンちゃんという女の子が、迷路のようなお城に迷い込んで、妖精さんやら、うさぎさんやら、いかれ帽子屋さんやらハートの女王やらが現れて、トラブルに巻き込まれながらも、成長していく話。

 では、ない!

 確かにこの話は、ファンタジーだと思いますが...大人向けのものだと思われ...戦争とか、生命とか...そういうのを説いているようで、大人の現実社会と、子どもの妄想?が生み出すファンタジーの世界が交錯していくのね。
 こんなファンタジー映画は、ちょっと見たことがないですねぇ〜。人はよく死ぬし、残虐で全体的にどんよりしているし、ファンタジーにつきものの空想の生き物も妙に気味が悪いし...。

 ただなんか、見終わった後...「禁じられた遊び」とかさ、「フランダースの犬」とかみたいに、心に染みる切なさがありましたね。伝わってくるものが多い映画でした。気分は重くなったけど...

|

« 八重。 | トップページ | 今年はどうなる? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷宮。:

« 八重。 | トップページ | 今年はどうなる? »