« この道なんですがね... | トップページ | こいつの茎は酸っぱい... »

一羽、一匹。

 昨晩、帰ってくるときに...頭上を飛び回る一羽のウミネコがおりました。

 彼はですね、4m〜6mの超低空を8の字を描くように同じところばかりを飛んでいて、時折、鳴くんですわ。

 「コンタクト落としたんだけど、この辺に落ちてない?

 と言ってるような感じで、「なにかを探している」ってのは分かりましたよ。それがねぐらなのか、仲間なのか...もしかすると、仲間が見えなくなって気が動転していたのかも知れません。

 朝、定期券探しであちこち探し回っている自分と重ね合って、一緒に探してやりたくなったんですがね...なにせ言葉が通じないのでねぇ〜。

 と、さらに帰ってくると、街灯の光がやっと届くような空き地の草むらの中を、一生懸命歩いてくる動物がいたんですよ。
 野良猫であります。
 彼が進んでいく直線上は、オレが進んでいく直線上と交わり、ちょうどばったり出くわすだろうというスピードでして...

 野良猫っちゅーのは、警戒心があると思いきや、ひとつのことに夢中になると他のことが見えない...いわゆる



 無我夢中



 になるよね。彼ね、全然気がつかないんですよ。はい、オレとの距離、1mを切ったよってところでやっと気がついてさ...

 びっくりして、じぃーーーっとこちらを見つめるんです。薄暗い中で。

 「おまえ、オレに気がついてるか?

 と、その目は言ってました。オレもじぃーっと見つめて、「い、気がついてますよ」と答えましたが、一向に動こうとせず...じぃーっと見つめてきて「はよ、うせろ!」と言うので、とっとと立ち去りました。
 しばらく動かなかったけれど、10mくらいですかね、離れたら動き出してましたね。

 えーっと、なにが言いたいのかというとですね...

 駅から家まで徒歩15分。人は見かけなかったけれど、1羽と1匹に出会ったと、そんな話で...うーん、田舎です。

|

« この道なんですがね... | トップページ | こいつの茎は酸っぱい... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一羽、一匹。:

« この道なんですがね... | トップページ | こいつの茎は酸っぱい... »