« 車窓から... | トップページ | 夏の日。 »

ローカル線の旅にはあれ!

 ローカル線の小さな旅は、たまに車窓の風景に目をやりながら文庫本の世界に入り込むっちゅーのがいいっすよね。

 今回は、本嫌いなオレ様が、なぜか文庫本を一冊持って出かけたのであります。
 選んだのは、「コンビニたそがれ堂」っていう児童書が、文庫本になった本です。子ども向けなので、大変分かりやすくて読みやすいですね。
 本当に欲しいものが売っているという、不思議なコンビニの話で、小学生の頃にいろいろとしでかして方々迷惑をかけまくったオレのハートに響いてくる、しんみりとした、暖かい話。短編なので飽きることなく読み続けることが出来ます。そして、一話が終わるごとに、涙を浮かべるオレがいましたよ。

 都度顔を上げて見る、のんびり走る気動車の窓の外は、滑らかな加速減速を繰り返して田園風景を抜け、東北の大河北上川を越えて走り続けます。

= リ ン ク =

●コンビニたそがれ堂(→著者のブログ

|

« 車窓から... | トップページ | 夏の日。 »

東北&宮城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローカル線の旅にはあれ!:

« 車窓から... | トップページ | 夏の日。 »