« 雷の湯。 | トップページ | 紫の意味。 »

水たまり。

 道ばたに、こんなのが。

P7192764

 単なる水たまりに見える...が、近くの案内板には、こんなのがぶら下がってる。

P7192765

 カゴ。「ご自由にお使いください」。案内板には、こんな記述が。

「卵湯」

 昔、この地域の人々は、かんけつ泉の湧き口のことを「地獄」と称し、その湯でご飯を炊いたといわれています。洗米を袋に入れ、湧き口に浸しておくと独特の風味があって美味しいご飯が炊けたそうです。
 現在では、木道脇の「卵湯」で生卵を茹でると、美味しい温泉卵になると評判になっています。ぜひお試しください。

 ということで、卵を....と、鞄の中を探しましたが見あたりませんでした。持ってきてねーもん!
 結構地元の人が来て、卵を茹でているようでしたよ。あと、旅館の人か、お土産用の温泉卵製造業者の人か...が、大量の卵を大きなカゴに入れて、川に浸していました。
 あ、そうそう、小川の写真、出しましたけど...実は、熱湯が流れているようで、普通の川じゃないようです。どうりで毒々しい緑色のコケが生えているわけです。

|

« 雷の湯。 | トップページ | 紫の意味。 »

東北&宮城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水たまり。:

« 雷の湯。 | トップページ | 紫の意味。 »