« 怖いですねー | トップページ | 象の名前 »

間違い電話。

 昼過ぎ、ケータイに間違い電話がありました。
 まるで、なじみのラーメン屋に、
 「チャーシュー2丁大急ぎで配達よろしく!」
 みたいな口調のおじさんが、

 「宮崎さんっすか?」

 へっ? いえいえ、こちら違いますよと
 丁寧に答えたつもりが、
 電波が邪魔をして...

 「えっ? なに?」と怒鳴られました...

 いえいえ違います、こちら宮崎ではありません。

 そしたらおじさん、「あれ? 間違っちゃった?」
 と慌てふためき、

 「すいません、間違えました。どうもごめんなさいね」と。

 いえいえと丁重に電話を切った数分後、
 またケータイが...震えた。
 で、ぴーんと来たのね。あいつだ、まただよ。絶対。

 「宮崎さんっすか?」

 キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

 オレ、もう一瞬、疲れてるのかなと...
 これはいわゆる既視感ってヤツかなと...
 夢を見ているのかしら...。
 さっきも違うと言ったのに。

 おじさん、ついついリダイヤルで掛けちゃった...
 みたいな感じで、またラーメン屋に
 「さっきのにギョウザ追加、大至急!」とでも
 言い出しそうな勢いですよ。

 ちょいイライラしながらも丁重に
 「いえ、違います!」と応えたら、
 さすがに気がついたようで、
 「あ、さっきの...。ごめんなさいね、何度も!」
 と言われて電話を切られました。

 ボケとんのか!?
 と思うと同時に、
 既視感ではなかったという安心感で、
 ちょっとほっとしたのであります。

 その後しばらく、
 また電話が来たら今度はガツンと言ったる!
 と、構えちゃいましたよ。

 いや、よくよく考えると、
 間違い電話を2度するって...
 確かにオレもあるなぁ~と。
 間違えないようにと注意してるとさ、
 逆に間違えてる番号に
 かけちゃったりするじゃないっすか。

 2度あることは3度ある。

 とは言いますが、
 おじさんさすがに3度は掛けてきませんでした。

|

« 怖いですねー | トップページ | 象の名前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違い電話。:

« 怖いですねー | トップページ | 象の名前 »