« 淡い期待。 | トップページ | 自己主張。 »

光。

この渓流のいいところは、
川の表情がめまぐるしく変わるところです。

Momijigawa6

のんびりと流れていたかと思えば、突然、急流になり、

Momijigawa62

滝が合流して、さらに流れが増したり...

Momijigawa63

そういうのを繰り返している様子を、
2kmのコースの中で楽しめます。

夏の生い茂った時期より、落葉した秋のほうが
光が入りやすく明るい印象があります。

|

« 淡い期待。 | トップページ | 自己主張。 »

この道の向こうに...」カテゴリの記事

東北&宮城」カテゴリの記事

コメント

びびあずさん、いつもコメントありがとうございます。コメントを書くのが遅くなってしまい、ごめんなさい。

まさに影と光は表裏一体で、カメラを持って歩くといつもは意識していない光と影を意識できるのがおもしろいです。
落ち葉の中の散策は、山の匂いが強くていいものですねぇ~。

先週後半ブログの更新ができなかったので、さかのぼって記事追加します。この警告にもう少しお付き合いください。

投稿: ぺすけ | 2009年11月16日 (月) 09時36分

おひさしぶりです。
いつも読み逃げですいません。

「影」の存在があって改めて「光」の優しさ、美しさに気づかされますね。

色とりどりの秋の美しさも素敵ですが、葉を落とした後の、落ち葉を敷き詰めた、明るい林もとっても好きです。

期待外れの散策だったようですが、素敵なアングルを求めて歩く、ぺすけsanの優しい眼差しにご一緒できました。
ありがとうございました。

投稿: びびあず | 2009年11月13日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡い期待。 | トップページ | 自己主張。 »