« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の11件の記事

破壊。

破壊。

古い旅館だった建物らしい。
古い建造物の撤去も進みはじめた。

次はなにができるのかな〜。

今年は………

今年は………

今年の仙台は、雪が多いみたいです。

今朝も真っ白。

降っていたかと思えば朝日が射し、
木に積もった雪が、落ちてきます。

みんな木の下をよけて歩いていたけど、
運試しのつもりで真下を歩いてみました。

案の定、見事に命中しました。

けせんぬまおおしま。

なんていうか、大らかというかなんというか。
気仙沼大島の風景。

20060716_143132

よく見ると、海に突き出して建物が建ってて、
漁具とかを入れておく物置だったんでしょうかね。
「これなら住めるかも!?」と、
海での生活に想像を膨らませたんですけど…。

こういう建物、もう造らせてくれないでしょうね〜。
田舎は、おもしろい建物が多くて
イマジネーションが膨らむ場所なんですよね。

20060716_143814

 

放課後、生が自転車で港に乗りつけ、
夕飯のおかずを釣り上げようと夢中になっている傍らで、
彼らのリュックのおやつを狙う不届き者がいるような...。

20120306_1734

 

 

船に乗った「うに丼」がやたらうまそうで、
人通りが少ないわりには、なぜか「賑わい」
のようなものを感じさせる。

20060716_143000

20120306_1732

 

長い長いリフトに乗って、
深緑の森を越えていけば、真っ青な海に出会える。

20060716_142736

20120306_1742

震災から1年。
こういうの初めてだし、見たこともなかったし、
復興にどれだけ時間がかかるのか分からなかった。
1年くらいで形になるかもしれないなぁ〜などと考えている
自分がいたんですが、
実際、1年経過してみるとその予測がいかに甘かったことか。
思い知らされ、考えさせられ、
なにかしなければとの思いが強くなる1年目です。

20060716_143029


大きな地図で見る

※ 震災後の写真は Google ストリートビューから。

おおいぬ

おおいぬ

春を感じさせてくれる暖かさ。
昨日の大雪から、風景は一変。

今日は風邪で休み。
ふらふらしながら、スーパーへ。
猫の追い抜かれながら。

梅のツボミが膨らんでるなぁ〜と
見ながら、暖かい陽を感じて
ちょっと幸せな気持ちになりました。
ふと足元をみると、この花が。
昨日は雪の下。
今日、咲いたんでしょうか。

ツバキ。

ツバキ。

ツバキの花も、
雪で寒そう。

でも明日は一転、10度以上の予想。
春と冬が交互にやってきます。

しだれ。

しだれ。

まもなく春。
どか雪。

水分多め、
かき氷みたいな雪で重そう。

今日の雪が、
今年一番の積雪かも。

こういう雪が降るようになったら、
春も近い。

おながわ

Photo

海を向いて鉄筋の建物が立ってます。
女川は、サンマとか、原発とか、
あと夏に岩牡蛎が売ってて、
それがまたうまかったり。

学生時代にドライブするというと、
なぜか女川ばかりに行ってました。
知っている場所でもあり、
ちょっと遠くに来たかな感も
その頃はあったのかも。

津波は遡上高で、
30mを超えたそうです。
鉄筋の建物も、無くなってしまったみたいです。

上の写真のほぼ同じ場所、
Google のストリートビューだと、こうなります。

Google_map_onagawa

やっと整理ができて、更地になって、
これからどんな素敵な町をなっていくのか、
少し楽しみだったりします。


大きな地図で見る

エースポート。

エースポートという名前だったと思います。
気仙沼大島航路の玄関口。
ここから乗れるのは人だけで、
カーフェリーは漁港のもうちょい先から
出ていたと記憶しています。

20080705_11_21_21030__snapseed

震災直後、大津波警報が3メートル、5メートルと
増していき...
10メートル以上という言葉をアナウンサーが告げた時、
この写真の場所の2階か3階のあたりに
波が流れ込む津波の様子が映し出されていて、
衝撃を受けました。

ワンセグの小さな画面に映し出された映像は、
3D映画のようにとてもリアルで、
大きなスクリーンで見ているようでした。

一瞬、気が遠くなりながらも、
映像にかじりつき、
絶望的な気持ちで、実家の母にメールを送りました。

20060526_122602__snapseed_2

大きな港町には味がある町並みや、
独特の横丁があるんですよね。
港にいろいろなところの漁船が停泊していて、
陸で交わって、また海へ。
そのノスタルジックな雰囲気と、
ストーリーを想像するのが好きです。

時間はかかっても、戻ってくるでしょう。
動き出すまでには時間がかかるけれど、
動き出したら早い。きっと。

歌津は、あそこです

歌津は、あそこです
気仙沼線は、柳津から先、気仙沼まで、
バス代行運転中。

写真整理 (T^T)

久しぶりに、昔の写真を整理していたら、
こんな写真が..

Photo

「うたつ」

歌の津。魚竜の化石が発見された街。

気仙沼線の駅で、
現在は運行してません。
南三陸町です。

本屋で、沿岸部の浸水域とその高さを記録した
地図が売っていて確認したら、
この駅付近で、津波は13メートルだったようです。
ホームも、この駅名表示板も、
水没したんじゃないかと…。

航空写真で確認すると、
ホームらしきものは残っているけれど、
写真に写っている民家は、
残ってないようです。

気仙沼線は、ディーゼル車両で、
乗り心地が気持ちいいんですよね。
田んぼの中を走っていくと、
北上川を越え、山の入ったりを繰り返して
いつの間にか海が見える。
海が見えたと思ったら、トンネルに入る。
「のどか」という言葉しか思い浮かばない路線でした。

ところで、本屋で売ってた浸水域を示した地図ですが、
自分がよく知っている場所でもあるし、
いろいろ勉強になるので買ってみようかと
思ったんですが…
4000円もする代物で…
購入するのを躊躇せざるを得ず、
だいたいの場所のだいたいの高さを把握して、
そっと本棚に戻しました。
浸水の高さや遡上高が書いていない地図は、
国土地理院のサイトで見られるようです。

はやく昔ののどかな風景が、
戻ってきて欲しいですね。

日なた。

日なた。

もう3月ですね〜。
昨日は首都圏、雪でしたね〜。

仙台は今日も晴れ。
3月らしい陽気で、しばらく見かけなかった
ジャパニーズボブテイルのノラが
日なたぼっこをしていました。

雪の上では、イヌが大はしゃぎしているのが
対照的でしたよ。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »