« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の34件の記事

土手の桜。

あまり流れのない小さな川の、土手の桜。

Dote

桜の名所というわけではないですが、
知る人ぞ知るみたいな場所で、
多くの人が桜の下で花見を楽しんでいました。

菜の花は咲いているし、
カエルの合唱は聞こえるし、
のどかで心が和みました。

写真左手、土手を挟んで、
山と田んぼが広がる、
典型的な日本の農村風景です。

こういうの見ると、
田舎もいいものだなぁ~と思います。

椿が盛りで...

あちこち、椿が盛りです。

公園の中の小道が、両側は赤い椿で、
上は桜で覆われていました。

Komichi

綺麗だったの、また壁紙サイズに。

Kabegami_tsubaki

出店。

やっぱりいいですよねぇ~。出店。

Demise

なにを飲もうか、なにを食べようかなぁ~と悩みながら、
あちこち見て回るだけでも楽しい。

Gonda

ふと見ると、また新しい食べ物が。

「ごんだしらたみ」

な、なんだこれは!!!
読みにくいし、なんといっても
意味が分からない。
ネーミングからそれがなにか想像もできないような、
恐ろしい食べ物が生まれたのか!

と思い、前に行ったら、
「みたらしだんご」でした。

先出しが遅かったけれど、
おかげでゴールデンウィークも
花が持ちそうで、
今しばらく出店の風景が楽しめそうです。

いよいよ黄金週間のはじまりですねー。

満開。

仙台の桜、満開になりました。

咲き始めるまでは、
まだかなぁ~と楽しみなソメイヨシノ。
でも、やっと咲いて、満開になると、
妙に不気味な感覚になるというか。

Sakura_mankai

自分の感性がちょっと変なのかもしれませんが、
ソメイヨシノは、
花が全部同じ表情に見えちゃうんですよね。
一斉に咲きますしね。

しらす丼を食べようと思って、
どんぶりを見たら、
同じ表情をしたしらすの、無数の目が
こっちをじーっと見ていた....みたいな。

テレビでよくみる
人形を供養してくれるお寺。
なかに入ったら、同じような顔をした
日本人形が並んでいるとか。
もっと身近なところだと、
ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドの
人形はよく見ると同じ表情をしているとか。

かわいいもの、おいしいもののはずなのに、
たくさん並ぶと逆の感情が
突然わき起こってくるような...

なのでソメイヨシノは、
満開になったら遠目にしか見ないようにしています!!
(ああ、こんなこと書くとますます頭弱そう)
写真に撮るとき、ソメイヨシノは、
ピンクがまだ残ったつぼみも一緒に撮ると、
表情豊かでいいような気がします。

そんな写真が撮りたいなと見にいったら、
思いがけず満開で、少しびびってしまいました。

つるしびな。

のの岳で、つるしびな。

つるしびなを展示しているというので、
僧坊のひとつににいきました。

普通の民家みたいなところですが、
入ったら、
奥に雛飾り(しかも3つ)、
手前につるしびな。

その様子は、圧巻でした。

Tsurushibina

こういうたくさんのもの目の前に
ぶら下がっていて、
それぞれに願いが込められた意味が
あるのかと思うと、
めくるめく世界というか、
その中に引き込まれそうになる
不思議な力があるなと思いました。

映画にもなっていたようで、
5月には仙台でも上映するみたいです。
予告編に、のの岳出てきます。

http://tsurushibina.jp/

恥ずかしながら、知りませんでした...。

しだれ桜。

しだれ桜も、見頃。

Kabegami_sakura02

これも壁紙サイズにしてみました。

のの。

気仙沼に列車で行くとき、
小牛田という駅から列車が出ていました。
(今は、気仙沼までは行けません)
小牛田から、直通でいきますが、
前谷地という場所で石巻・女川方面にいく
石巻線と分かれ、
気仙沼線になります。

気仙沼線のなかに「のの岳」という駅があって、
おもしろい駅名だなとずっと思っていました。
一日に上下線合わせて14本の列車が
止まる小さな無人駅です。

先日、その「のの岳」に行ってきました。
漢字で書くと「箟岳」。
山頂まで車で行けます。
仙台平野のど真ん中になぜかある丘陵地帯の頂上。

Nonodake

山の上にいってもなにもないのだろうとう
高をくくっていたら、
観音様のいるお寺があり、
その周囲に宿坊や僧坊もあって、
開けていたんですよね。

平野のど真ん中にあるだけあって、
眺めが最高でした。
蛇行した川の流れや、
パッチワークのような穀倉地帯。
スカイツリーには負けるけど、
230mからの眺めです。

Nonodake_2

一部不通になっている気仙沼線で、現在も「のの岳」は
行くことができますが、
田舎の駅は、駅名となっているその場所までが
ものすごく遠かったりしますよね。
こののの岳も、駅から直線距離で3~4キロ、
道沿いだと5~6キロもあるので、
歩いて行くには少し勇気が必要かも。

パッチワークの田畑が
緑一色になるのももう少しです。

夕暮れと提灯と

今日、仙台の桜が満開になったそうです。
日中の暖かさもあってか、
お花見会場はすごい賑わいでした。

Yugure

夕暮れに提灯が灯ったら、
今宵の宴がスタート。

ソメイヨシノの壁紙

久しぶりに壁紙を作ってみました。

Kabegami_someiyoshino

クリックすると、大きな画像を表示しますので...よろしければ。

夜の帳。

夜の帳が降りて、
周囲が暗くなってきた頃、
遠くに浮かび上がる提灯や出店の光。

Tobari

公園のこっち側は、真っ暗で、
時折、ランニングする人が
通りかかるだけ。
公園のあっち側は、明るくて、
いかにも賑やかなお祭り。

二面性がおもしろいですね。

ちょっとあちら側まで、
散歩してこようかな。

水芭蕉。

山のほうにドライブに行きました。

傾斜地を利用した公園の下のほうに、
なにやら白いものが見えたので、
ゴミかなぁ~と思いながら近づいたら
水芭蕉でした。

Mizubasyo

毎年、水芭蕉の群生地に見に行ってたけれど、
いつも終わった直後くらい。
しおれて、正直あんまり綺麗じゃないんですよね。
こんなに綺麗に咲いているのは、
初めて見ました。

水芭蕉が咲く時期って、意外に早いんですね。
「夏」のイメージがあるのは、
あの歌のせいでしょうか。

夏がくれば思い出す.....

梅と水仙。

梅と水仙。

Photo_3

やっと桜が咲き始めましたが、
今年は梅がとても遅れたので、
花の共演が...いつもの年より楽しめそうです。

仮設商店街。

塩釜の仮設商店街。

Photo_4

威勢よく「掛け合い」ながらの、
楽しいショッピングが楽しめます。
海産物が多いですが、
特に地元のものだけに特化しているわけでもなく、
大きなしじみは宍道湖産だったりしますが、
スーパーで買うよりは、
かなり安いようです。

仮設商店街の復興イベントがあり、
結構な賑わいでしたが、観光客はいませんでした。
松島まで行くとたくさんいるんですが...

仮設商店街は、塩釜では
自分が知る限り2ヵ所。海沿いのここと、旧商店街の中と。
イベントがあれば人が集まるけれど、
いつもはそれほど賑わってない印象です。

以前のようになるには、まだ時間がかかるなと
身に染みて分かります。
その苦労を見ていると、
以前と同じにならず、以前以上に魅力的な場所に
なるような予感がします。

桜の開花

今年は、本当に寒くて長い冬でした。
待ちに待ったソメイヨシノ開花は、18日。
仙台では、平成に入って最も遅い開花に
なったそうです。
Sakura
昨日は、大分花が多くなっていました。
24日には、満開になるようです。

近所の公園では、宴が...
夕方になると学生さんたちがたくさん集まってきて、
朝まで楽しんでます。

朝、立ち寄ってみると、
すでに今晩の宴の場所取りの学生さんたちが、
けだるそうに場所取りを徹夜で頑張ってます。

紅梅。

なんていうか、桜とは違った良さがありますよね。
紅梅。

Photo_2

桜というのは、花がグループになって、
もこっとした感じですが...
梅は、一輪一輪がはっきりしてるんですよね。

花がちゃんと自己主張している感じが好きです。

梅満開。

朝、どうにも早く起きてしまうんですよね。
日が昇る時間が早まって、
窓際に寝ていると明るさで
自然に目が覚めてしまいます。

時間をもてあますので、
これまで気になっていた
「ラジオ体操」を見に行きました。

ほぼ毎日かかさず、
公園で行われているラジオ体操。
ずっと興味深く見ておりました。
真冬も、風や雪でない限り、
毎日その光景が繰り広げられておりました。

まず、6時過ぎに家を出て、
目の前の公園を観察。
梅が満開で、ウォーキングのおじさんおばさんが、
たくさん。そして、花見の場所取りか、
テントの中から若者の笑い声が絶えず
聞こえておりました。

信じられないほど賑やか。朝なのに。

Ume_mankai

あっちこっちで、「おはよう」の挨拶が聞こえます。

いつ始まるのかなと思ったんですが、
6時30分になると...なんですよね。
なんでかなと思ったら、「歌」があるじゃないですか。
(小学生以来だったのですっかり忘れてた...)
さすが、毎日する人たちは、
その辺もちゃんと計算に入れてるんですよね。

ラジオを持ってきている人が何人かいて、
サラウンドで音声が聞こえてきます。

最終的に集まったのは、ざっと60人くらい。
大きな噴水を囲むように。
遠巻きにしている人を含めたら、
100人くらいいたかもしれません。

真冬はそこまで多くなかったけれど、
ラジオ体操を休まずやっているとか、
知り合いに会うのが楽しみだとか、
そういうのも励みになっているだろうなと、
容易に想像できました。

ご近所の見知らぬ人もたくさん集まってきて、
そこからまた広がったりして、
いいものだなと。

ラジオ体操はしなかったけれど、
ウォーミングアップに歩く程度でも、
いつもはだるい休日が、
ちょっと調子よかったようです。

電線と信号。

街を歩いていて、
なにやら問題意識というか、気づきというか、
そういったものがあったんだと思います。

Signal

たぶんこの見るからに複雑そうな電線に、
そのときなにかを感じたのでしょうが、
しょせんたいしたことは感じてないので、忘れちゃってるわけで...

あとから写真を見て、この信号はどうやって
交差点の中央上空に静止していられるのかしらと
また別のことに気づいちゃったりして。
よく通る道なのに、今まで不思議に思わなかったことを
悔やんでしました。

不思議に思わなかったということは、
タネが絶対あるはずであり、
まぁ、よく見ると、ちゃんと柱に固定されているわけなんですが、
そのことに気づくのに少々時間がかかってしまいました。

もしもこのような信号が雪国にあったら、
信号の上に雪が1メートルも、2メートルも
積もっちゃうんだろうなぁ~などと想像し、
そしたら雪解けの頃は、
いつ落ちてくるか分からない雪に、
誰もこの道通らないだろうなと。

いや、その前に信号が壊れるだろうなと。

いたって非生産的な想像を繰り返してしまいました。

デジカメのSDカードをたまに整理すると、
このような意味不明な写真がでてきて、
あれやこれやと考え込むのも
意外におもしろかったりします。

鳥?

一瞬、鳥がたくさんいるなと思ったのですが、
白木蓮でした。

Photo

場所によっては、もう羽ばたくように
咲いているものもありますが、
この場所のはまだこれからのようです。

春到来。

夜の猫散歩。

夜。
ちょっと、コンビニに買い物に出たら、
公園で横切っていく猫がいました。

「ちょっと、あっちに野暮用があってね」と言いたげな様子。

そそくさと通り過ぎていったのですが、
しゃがんで舌を鳴らすとこちらを振り向き、
気になる様子。

根気良く待っていたら、こちらに興味を持ったらしく
やってきてくれました。

Photo_5

いつも見る猫とは違う猫で、
ひと撫でしたら、そのままどこかに行ってしまいました。
暖かくなって、
猫の夜散歩にも出くわすようになったんですね。

再会。

冬の間、なかなか見かけなかった公園の猫。

Neko

なんだか、三つ指ついて挨拶されているような気持ちに
なってしまいました。

泉の山

仙台市内から見た、
泉の山々。

Sendai_izumi

斜面に雪が残っているのは、スキー場です。
今年は、たっぷり雪が積もったようです。

いよいよ桜前線は宮城入りしたようです。

仙台にも、まもなく到着です。

シルエット。

夕暮れに浮かんだシルエット。

Photo

桜が咲いてないなぁ~というのを撮ろうと思ったのですが、
撮った写真を見てみると、妙にシルエットが気になる。

まっすぐ伸びる銀杏のような木もいいですが、
桜もいいですねぇ~。木によって個性があって。

ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!

山の中にあった観察館で、
出迎えてくれたのは...

Bear

「うわっ、びっくり!!!」

森の熊さんでした。
首のところに、ツキノワがありますね。

どうも、目がつぶらでかわいいような...

森で出会ったら、慌てず、
目を離さずに後ずさりをして距離を稼ぐのが
重要みたいです。
でも、突然出てきたら、やっぱり慌てちゃうだろうなぁ~。

写真のこれは、もちろん「剥製」です。

山は、冬だった。

サクラ、まだかなぁ~などと思っておりましたが、
家から1時間も山のほうに車を走らせると、
こんな風景でした。

Winter

まだ、1メートル以上積もっている。
ずいぶん風景が一変するものだなぁ~と感心していたら、
目の前をハヤブサが滑るように通り過ぎていきました。

冬と春、行ったり来たりは、
そろそろ春のほうが強くなってきたようですね。

提灯。

去年の花見と比べてみると、決定的に違うのが
提灯がでていたかどうか...だと思われ。

Tyotin

去年は花見はやってましたが、祭りは自粛で...
提灯もでてなかったと記憶しています。

なぜか提灯が好きで、
よく帰り道に提灯が延々飾られている商店街を
いつも歩いて帰っていました。見上げたまま...

「誰が考えたんだろうな~」とか思いながら。

周囲が暗くなると、
まるで光の列が浮いているように見え、
それが自分の歩みのスピードに合わせて
視界に現れては消えていく。

上ばかり見て歩くのは、ちょっと危険だけれど、
やっぱり楽しい帰り道だったなぁ~。

コンパ。

花見の提灯というのは、
朝まで付けているものなんですかね。

公園ではじまった桜祭りは、
朝までついてました。
なぜ分かったかというと、
夜に消防車出動の音で飛び起こされ、
外を見たらついてたんですよね。

この寒さの中では、
さすがに朝まで宴会をしているところはなさそう。
「桜祭りをやってるよ!」ということ
アピールする意味合いもあるのかもしれませんね。

Hanami_2012

まだ最高気温が10度にも届かないこの日、
桜の花が全く見当たらないまま
花見を楽しんでいたのは、
学生さん達でした。コンパですかねぇ~。

飲みのかけ声の違いが、
頼んでももいないのに時代の流れを感じさせてくれて、
なんだかここにいてはいけないのではないかという
気持ちがわき上がってきたので、
立ち去らせてもらいました。

時折、雪が舞う中だったけれど、
彼らには桜の花びらに見えていたかも。
楽しい空気は、見える世界も変えますから。

紅梅。

良い色だなぁ~と思いながら、
正面から。

Ume

梅は、毎年サクラより早く咲き出すけれど、
その後散るときはどうなるのだろうと考えてみると...

サクラのほうに気を取られてしまって、
散るときまでは見届けてないような。

今年は、散るところまで見ようと。

空。

春の空は、高い。

Sky

いかにも人工的な直線や曲線のシルエットと、
大きな雲が対照的だった。

なぜか、去年の今頃と比較してしまうこの頃。

まだ、都市ガスは使えず...
コンビニは少しずつ戻ってきていた頃か...
西友だけが24時間営業をしていて、
混雑回避のために深夜に買い物。

棚はガラガラで、
薄暗い店内。

そういえば、震災直後の停電が続く日。
夜にやってみたいことがあって、
実行したんですよ。

それは、夜の散歩。。。

真っ暗な住宅地に、
音はほとんどなくて、民家の窓は、
ロウソクの光とか懐中電灯の光が薄ぼんやり。
音と言えば、鳥の鳴き声くらいか。

真っ暗な道の先から、
人の話し声が聞こえてくると、
ちょっと怖い。

クルマの走る音とか、
人工的な音がない世界は、不慣れなせいか不気味。

ありそうで、なかなかできない
いつもと同じ場所なのに、同じ場所じゃない、
そんな感じでした。

花見。

なんか妙に早いなぁ~と思うのは、
今年が寒すぎるからか。

早朝に、警察が路上駐車できないように
いつも片側2車線の道路を1車線にしてました。

交通安全週間?

と思っていましたが、
どうやら花見の期間中の対策でした。

Hanami

お世辞にも暖かいとはいえない今朝、
風に吹き飛ばされなかったテントの横には、
出店が準備されていました。

花見の季節なんですねぇ~。

早朝にもかかわらず、
場所とりをしているグループがいました。
気が早いなぁ~と見ていたんですが、
帰りに見たら、
10グループぐらいに増えてて...

サクラはほとんど咲いてませんが、
花より団子。花見の第一の目的は、
仲間と飲むこと...ですもんね。

今週末は東京でもいい花見日和になりそうですね。
仙台の絶好の花見日和は20日前後のようです。

石巻。

先日、石巻に行ったんですよ。

そう、あの津波の被害が大きかった、
宮城の港町です。

まずイオンに行ったのですが、
とても賑やか。
みんなショッピングしたり、
食べたりして楽しんでました。

元気です。

その後、市内を車で走りました。
シャッター商店街は、
さらに輪をかけてシャッター通りに。

Ishinomaki

日曜日だというのに、
誰も歩いておらず、車の通りが多かったようです。
地元のかまぼこ屋など、
長い商店街なのに営業しているのは数えるほど。

このあたりも結構、津波の被害があって、
大変だったところです。
なんとか日常生活が戻っているようです。

門脇地区は、前方がすぐ太平洋で、
後方は日和山。
左側は北上川で、
右側は日本製紙という場所。

Ishinomaki2

民家が密集していたのですが、
遠くの市立病院がよく見えました。

建物の屋根によく隠れる日和山が、
どこからでもよく見えて、
「確かにあれは日和山だったんだな」と思いました。

復旧したのかどうか。
笑顔で溢れていただろうこの地区、
住んでいる人もおらず、
もはや復旧は必要なく、
復興が必要だなと思わせてくれます。

いまだにこの状況ですから。

壊滅的な被害を受けた場所と、
ほとんど被害を受けなかった場所が隣接していて...
不思議です。

さくら。

東京あたりは、今週末がお花見日和になるということで...
仙台はまだ今週頭に梅の開花が観測されたとのことで...

サクラは、まだまだ先かなぁ~と思っていたのですが、
いつもの公園で、白梅の後ろのほうに、
ひっそりと咲いているのを見つけました。

Sakura

ソメイヨシノではないでしょう。たぶん、いや、絶対。

黒猫。

黒猫。
見慣れぬ黒猫が、
足早に通り過ぎていきました。

そのまま茂みに隠れるのかと思ったら、
こっちをじっと見ています。

新芽

新芽

冬の朝、いつもトンビが飛来していた木。
もう飛来しなくなったと言うことは、
餌もあちこち見つかるようになったと言うことか。それとも。

この新しい葉のシルエットみて、
洋風の便箋なんかに使われる装飾に似てますね。
いや、あっちがこっちをデザイン化したものなのか。
いい感じの朝です。

今日、荒れると言う予報が
どうも信じられないのであります。

梅。

梅。

やっと梅が咲き始めました。
去年は震災のすぐ後辺りには咲いていたので、
今のところ半月遅れかな〜。

東京でもサクラが咲き始めたそうですね。
来週は花見日和になりそうですね。
仙台でも、花見のテントの準備が進んでいるようで……
なんだか早すぎるような気もするけど、
テント屋さんの都合もあるのかなと思いながら、
通り過ぎました。
今年は気合いが入っているでしょうね〜。

悔しいけど、梅の開花は自分の予想に反し、
かつ気象予報会社の予想は当たったようです。
さすが。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »