« 夕暮れと提灯と | トップページ | しだれ桜。 »

のの。

気仙沼に列車で行くとき、
小牛田という駅から列車が出ていました。
(今は、気仙沼までは行けません)
小牛田から、直通でいきますが、
前谷地という場所で石巻・女川方面にいく
石巻線と分かれ、
気仙沼線になります。

気仙沼線のなかに「のの岳」という駅があって、
おもしろい駅名だなとずっと思っていました。
一日に上下線合わせて14本の列車が
止まる小さな無人駅です。

先日、その「のの岳」に行ってきました。
漢字で書くと「箟岳」。
山頂まで車で行けます。
仙台平野のど真ん中になぜかある丘陵地帯の頂上。

Nonodake

山の上にいってもなにもないのだろうとう
高をくくっていたら、
観音様のいるお寺があり、
その周囲に宿坊や僧坊もあって、
開けていたんですよね。

平野のど真ん中にあるだけあって、
眺めが最高でした。
蛇行した川の流れや、
パッチワークのような穀倉地帯。
スカイツリーには負けるけど、
230mからの眺めです。

Nonodake_2

一部不通になっている気仙沼線で、現在も「のの岳」は
行くことができますが、
田舎の駅は、駅名となっているその場所までが
ものすごく遠かったりしますよね。
こののの岳も、駅から直線距離で3~4キロ、
道沿いだと5~6キロもあるので、
歩いて行くには少し勇気が必要かも。

パッチワークの田畑が
緑一色になるのももう少しです。

|

« 夕暮れと提灯と | トップページ | しだれ桜。 »

東北&宮城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れと提灯と | トップページ | しだれ桜。 »