« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の6件の記事

お稲荷さん。

お稲荷さん。

伏見稲荷ではありません。
福島との県境の峠にある万蔵稲荷です。
山の中にあって、少し薄暗く、
一日中ヒグラシが鳴いているようなところです。

ご利益あるんでしょうね。
人里からだいぶ離れていますが、
参拝する人が結構いるようでしたよ。
社務所もやってたし。

福を呼び寄せる小さな熊手を買ってきました。
(買うという表現でいいのかな~)
福がどんどん入ってくればいいんですけどね~。

アジサイは梅雨の香り。

岩手県の一関市に、
あじさい園があって、ちょっと遠出してみました。

Ajisai_20140721_1

東日本では最大規模のあじさい園だそうです。
いつもは私有地で入れないけれど、
7月1日〜31日までは「あじさい祭り」が行われ、
一般に公開しているそうです。

園内には珍しいアジサイがたくさん。
例えば、こんなの。

Ajisai_20140721_7

名前は確認し忘れたけれど、八重なのか、なんなのか、
花びらがいやにたくさんあるアジサイ。

他に、ツボミがこんなのも。

Ajisai_20140721_3

アジサイって、小さなツブツブみたいな始まりだと思ったけど...
これが開くと、こんな風に。

Ajisai_20140721_4

なんか、ぐちゃぐちゃなんですけど、

Ajisai_20140721_5

こんな風になって、確かにアジサイになっていく純白玉アジサイ。

Ajisai_20140721_6

山全体がアジサイだらけで、圧巻でした。

Ajisai_20140721_2

これまで青や紫、白のアジサイくらいしか知らず、
様々な種類があることを知って驚いてしまいました。

Ajisai_20140721_8

また来年も来てみたい場所になりました。

ヤマユリは夏の香り。

昭和万葉の森という、公園が宮城県の真ん中あたりにあります。
大衡村という、県内唯一の「村」にあるのですが、
最近はトヨタの工場など、大きな工場が多数ある村です。

昭和万葉の森は、最新の工業団地と
昔ながらのトトロの世界のような農村風景との間にある
森林を活かした公園です。
中には様々な植物を観察できますが、
その中でも力が入っているのがヤマユリ。

Yamayuri_20140721

蟬時雨の中、あちこちに咲き、
独特の強い匂いを振りまいていました。

前日まで雨が降り、久しぶりの太陽に、
小さなアマガエルも顔を出していました。

Amagaeru_20140721

森の中は涼しく、森を出ると暑い、
夏を実感できる日でした。

紅花まつり

山形の高瀬で、紅花まつりがありました。
「おもひでぽろぽろ」の舞台になったのは32年前ですが、
まさにアニメの世界そのものでした。

Benibana

まつり会場は、ものすごい盛り上がりで、
たくさんの人が訪れていました。
郷土の踊りを披露したり、出店で販売していたり。

久々に、素朴な風景に接することができました。

山の上。

山が目の前にあると、あの山の裏側はどうなっているのか、
興味がむくむくと沸き上がってくるわけで...

Oguninuma_01

あの山の向こう側、どうなってるか行ってみました。
麓の駐車場までは、車で。
その先はバスに乗り換えて。
山奥に突如現れる駐車場は満杯に近い状態で、
バスを待つ人がたくさんいました。

結構、登山風の出で立ち。
かなりの軽装で行ったので、少々目立ってしまい、
恥ずかしいなぁ〜と思いながら、バスに乗りました。

約25分、急坂の細い林道を、
器用に縫いながら3台のバスがつらなって上っていきます。
約1,000mの頂上付近まで約30分。
到着して目に飛び込んできた風景は、こんな風景でした。

Oguninuma_03

白いのは雲ですね。近すぎるというか、同じ高さというか。
眼下には、大きな沼と湿原。
木道がくっきりと浮かび上がり、
まるで地図を広げたような風景。
約500段の階段を降りていくと、湿原に出ます。

Oguninuma_04

目の前を流れていく雲は、ジブリアニメのワンシーンのようで、
浮かび上がる湿原は、
ニッコウキスゲに覆われていました。

Oguninuma_05

福島県北塩原村の雄国沼。裏磐梯です。
ニッコウキスゲの密集度は日本一だそうで、
国の天然記念物に指定されているそうです。

山の向こうには、楽園が広がっていたんですね。
たくさんの方が、この黄色い幻想的な風景を眺め、
ため息をついていました。

ちなみに、山頂の金沢峠から見た会津盆地、喜多方方面は、
こんな感じです。

Oguninuma_02

豊かさを実感した、山の上でした。

夏の雲。

Higashizawa_2_20140628

山の向こうに見えるのは、
まさしく夏の雲でした。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »