« 夏の雲。 | トップページ | 紅花まつり »

山の上。

山が目の前にあると、あの山の裏側はどうなっているのか、
興味がむくむくと沸き上がってくるわけで...

Oguninuma_01

あの山の向こう側、どうなってるか行ってみました。
麓の駐車場までは、車で。
その先はバスに乗り換えて。
山奥に突如現れる駐車場は満杯に近い状態で、
バスを待つ人がたくさんいました。

結構、登山風の出で立ち。
かなりの軽装で行ったので、少々目立ってしまい、
恥ずかしいなぁ〜と思いながら、バスに乗りました。

約25分、急坂の細い林道を、
器用に縫いながら3台のバスがつらなって上っていきます。
約1,000mの頂上付近まで約30分。
到着して目に飛び込んできた風景は、こんな風景でした。

Oguninuma_03

白いのは雲ですね。近すぎるというか、同じ高さというか。
眼下には、大きな沼と湿原。
木道がくっきりと浮かび上がり、
まるで地図を広げたような風景。
約500段の階段を降りていくと、湿原に出ます。

Oguninuma_04

目の前を流れていく雲は、ジブリアニメのワンシーンのようで、
浮かび上がる湿原は、
ニッコウキスゲに覆われていました。

Oguninuma_05

福島県北塩原村の雄国沼。裏磐梯です。
ニッコウキスゲの密集度は日本一だそうで、
国の天然記念物に指定されているそうです。

山の向こうには、楽園が広がっていたんですね。
たくさんの方が、この黄色い幻想的な風景を眺め、
ため息をついていました。

ちなみに、山頂の金沢峠から見た会津盆地、喜多方方面は、
こんな感じです。

Oguninuma_02

豊かさを実感した、山の上でした。

|

« 夏の雲。 | トップページ | 紅花まつり »

東北&宮城」カテゴリの記事

コメント

びびあずさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね。訪れる人が多くて、にぎやかな山の上の楽園でしたよ。
知っている人は、知ってるんですね~。こういうところを。

行き着くまでの行程が、よくできているなぁ~と思いました。
バスは森の中をひたすら急坂を登り、
外輪山で湿原の全体を眺めてからなので、
近づくにつれて、期待が膨らみます。

黄色い花に囲まれて食べるサンドイッチも、
いつもよりおいしかったです。

投稿: ぺすけ | 2014年7月24日 (木) 07時38分

500段の階段を上り下りせずに、景色だけ楽しませていただきました!
(ラッキ~♪)

圧巻の雲ですね!
こ~んなにニッコウキスゲが咲いているのはスゴイです。
さぞや人もいっぱいでしたでしょうね。

投稿: びびあず | 2014年7月21日 (月) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の上。:

« 夏の雲。 | トップページ | 紅花まつり »