« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の20件の記事

1177。

宮城の県南に角田市というところがあって、
ロケットの街で、大きなロケットのモニュメントがそびえている
街なんですが...

高蔵寺というお寺があり、
特別に拝観できるというので行ってきました。
公開時間が10時から12時というわずか2時間で、
それに合わせて行ってきました。

山間の中にひっそりと佇んでいる阿弥陀堂。

120140927_11_08_12

中には、阿弥陀如来坐像が鎮座してます。
拝観している人は数人でした。

この建物と阿弥陀如来坐像は、
1177年のものだそうで、平安時代のものなんだそうです。
1192年の前ですからねぇ~。
遠い時代の流れに思いを馳せてしまいました。

120140927_11_16_57

今でもしっかりしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひまわり畑。

秋晴れの田んぼの中に、
広大なひまわり畑がありました。

120140927_12_25_04

みんなこっちを見てて、
ちょっと気恥ずかしくなるような...

満開でした。
夏のイメージのひまわりですが、
秋は、透き通った青空に映えますね。

120140927_12_18_27

続きを読む "ひまわり畑。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼。

化女沼。
けじょぬま。

P9200057

冬になると、白鳥などの渡り鳥で賑わうこの湖も、
今は一時、静かな時間が流れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有備館。

地震で崩壊してしまった有備館。

P9200100

工事が急ピッチで進められていて、
建物は白い工事の幕で覆われていました。

庭園は美しく整備されていて、
静かな庭に、周囲を流れる川の堰から聞こえてくる
水の音が響いていました。

P9200093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴子峡。

鳴子峡に行ってきました。
まだまだ、紅葉は始まってません。

P9200071

ところどころ赤くなっていたのは、
なんの木なんでしょうね。

見頃は、来月の下旬からだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫間近。

まもなく収穫のようです。

一粒一粒がぷっくりとしてて、
もうこの段階でうまそうというかなんというか。

P9200061

すでに、お店によっては新米が並んでいました。
問題は、今、家にあるコメをいつまでに食べきれるか。
新米にありつけるのは、その先になるわけで...
去年は結局、翌年になってしまったので、
今年は今年中にはありつきたいなぁ〜と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸花。

彼岸花を見に行きました。
見頃になったという、大崎市の羽黒山公園。

地元の人が大切に増やしてきたそうです。

P9200014

ここは彼岸花の固定概念を、良い意味で壊してくれます。
彼岸花といえば、あぜ道や道路沿いに咲いている印象。
モグラよけのような。
あとは、お墓でもよく見かけますね。
なのに、
ここは群生していて山全体が真っ赤になっています。

群生すると、こんなに見事なんですね。
彼岸花の高さがどの花も同じなので、
まるで地面が浮き上がっているよう。

P9200048

白い彼岸花もいくつか咲いていました。

続きを読む "彼岸花。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絨毯。

山のすぐ麓に広がる風景。

120140915_14_17_11

まるで富良野に来たのかと錯覚するような、
広大な花畑。

以前はピンクのコスモス一色でしたが、
あのタイプのコスモスは風に弱くて、
倒れやすいんですよね。

で、コスモスに加えて植えられるようになったのが
サルビアやマリーゴールドなど丈の低い花々。

一色が広がるのもいいけれど、
彩り豊かな絨毯もいいものですねぇ~。
あの向こうにも広がっていました。

続きを読む "絨毯。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金色の海。

丘の上から眺める風景は、
黄金色の海でした。

120140915_10_40_52

もう、稲刈りが始まっているところもありました。

おいしい新米が食べられるのも、もうすぐですね。

続きを読む "黄金色の海。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コスモス。

地方の町は、いろんな花を使って町おこしをしてて、
例えば、先週行った山形の川西はダリヤ、
村山はバラ。それぞれ公園が整備されているんですよね。

相当な整備をしていることが目に見え、
その努力には、頭が下がります。

宮城の大崎市に松山というところがあり、
ここはコスモスです。

120140915_09_20_13

朝、早めに行ったらお客がいなくて、
コスモスを存分に見て回ることができました。

20万本の様々なコスモスを、色で分類したりせず植えているようで、
白やピンクや赤など、
瞬間的に様々な色が目に入りとても美しく感じました。

その昔、町を走っていたという人車があり、
レールの上を引っ張っていました。

120140915_09_21_09_2

タイムスリップしたような気分も味わえて、楽しい。

景気づけなのか、ものすごい音量で懐メロを流してたんですけど、
「異邦人」が流れてきて....
その雰囲気と合わないBGMがまた昭和っぽさを引き立てていました。

場所によって開花の時期を調整しているようで、
まだ見頃は続きそうです。

続きを読む "コスモス。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定禅寺ストリートジャズフェスティバル。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル。


今年も、ジャズフェスの時期になりました。
秋の始まりを感じさせるイベントです。
天気が不安定で、何度か通り雨があったけど、
それもまた演出。

音楽を楽しむことができました。
楽しませようという気持ちが、
選曲ひとつで伝わってきます。

パワーをもらった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の空。

東京の空。


高速バスからは、懐かしい地名や風景が
見えました。
一瞬で過ぎて行く風景ですが、
思い出のようなものが次から次へと
蘇ってきて、少し疲れました。

都心だけだった高層ビルが、
少しずつ外側に向かって広がってる様子が、
首都高からだとよく分かります。

オリンピックに向けて、
さらに大きく変化していくんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神栖市。

神栖市。


神栖市。いい天気の朝。
煙突のシルエットがたくさん見えました。
さすが、鹿島の工業地帯だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅。

東京駅。


何年かぶりで、東京駅に降り立ちました。
その昔、毎日乗り換えに使っていた駅。
記憶とは違ったものになってました。
大枠は同じだけれど、
細々した食事街や、お土産街ができて、
地下ができて。。。

うちの田舎でコンビニがひとつできると、
東京じゃ街がひとつできるくらいの
変化がありますねぇ〜。

すっかりおのぼりさんで、
キョロキョロしながら歩き、
あちこち写真を撮ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滑津大滝。

いろんな滝を見てきたけど、
一番好きな滝かもしれないのが、この滑津大滝。

120140906_11_43_26

2段に分かれていて、滝の真横から眺めることもできます。

川は、浅くて岩盤になっているので、
犬が気持ちよさそうに水の中を駆け回っていました。

続きを読む "滑津大滝。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダリヤ。

川西のダリヤ園。

120140906_13_48_24

ダリヤと一言でいっても、いろんな種類があるんですねぇ~。

120140906_13_54_05

見頃がイマイチ分からないダリヤでしたが、
いい感じで咲いていて、賑わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋空。

秋空。


今朝は久しぶりにカラッとした朝。
秋らしい空が広がってます。
予想気温が30度だったので半袖で出てきたけど、
まだ少しひんやりとしていて、
時々くしゃみが出てくるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台駅。

仙台駅。

仙台駅東口。
大掛かりな工事が進んでます。
毎日少しずつ鉄骨が組まれて行き、
昨日と違うところを探すのが、
間違い探しをしているようで
ちょっと楽しい。

共用している通路があるので、
これからどのように完成するのかも、
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサザ。

ハスは、結構咲いてはいたけれど、もう盛りは過ぎていました。

水面を見ると、漂う黄色い花が。

120140831_11_04_48

アサザという花だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残った白鳥。

伊豆沼は、白鳥の飛来地なんですが...
この時期に見られるのは、残留した怪我をした白鳥と
その家族で...。

Swan01

どう見ても羽を怪我している白鳥を含め3羽。
それと...

Swan02

初めて見た「みにくいアヒルの子」。白鳥の子どもがいました。
くちばしの上と、おしりのところが白いんですね。
日本で見るのは、なかなかないんじゃないかなぁ〜。
親鳥といつも一緒にいるようでしたよ。

Swan03

時に遠くから、時に近くから、
子どもたちを見守っている姿は、白鳥も人間も同じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »