« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の5件の記事

くりこま高原。

くりこま高原。


手前が東北新幹線のくりこま高原駅。駅前の水車が目印。
遠くに見える山が栗駒山で、雪をかぶってました。

展望台があって、そこから見える風景がこの写真。
本当に何もないですね。新幹線が停車することが不思議なくらい。それでも、東京方面は1日20本。はやてが4本、はやぶさも3本だけ止まります。
はやぶさに乗って「くりこま高原駅に停車します」と言われたら、それはもう不運としか言いようがないかも。いや、便数が少ない分、好運と言えるかもなぁ〜。

東北新幹線が開通して33年。変わらぬ駅前に安堵してしまう風景でした。

使者。

使者。


ドライブをしていると、上空を悠々と通り過ぎていくやつらです。
美しい白い羽が逆光に輝いていてもいい、羨望の眼差して見上げてしまうんですが、陸上では我々のほうが少し有利ですかね。

個体によってやはり性格が違うようで、
一切人に近づかずに岸辺から離れた場所で、沼の中に首を突っ込んでは餌を食べているグループもあるし、このように人に近づいてくるグループもあるんですね。

愛嬌のあるつぶらな瞳の彼らが空を飛んでいるのが、どうも信じられないなぁ〜と思っていると、空から水上に降りた白鳥が近づいてきて、やっぱり愛嬌のあるつぶらな瞳でした。

猫のこけし。

猫のこけし。

民芸品というのは、手作りの味があっていいですね。
作り手の思いが伝わってきます。
こけしに描かれているのは、招き猫。

「福」も「春」も、「ふくふく」も
笑顔とともたくさんやってきそうな招き猫でした。
東北の伝統工芸品を集めた展示会で、
様々な工芸品の体験や、展示即売が行われていて、
高級品からお手軽なものまで売ってました。

どの品も、手にしっくりときて、
細やかな作り手の気遣いのようなものを感じます。
日頃100円ショップの製品に慣れていると、
その細やかな感覚に驚き、即購買意欲に火をつけてくれます。
ふつふつと湧き上がってくる物欲を抑えるのが
大変でした。

結局買ったのは、1000円の雄勝石で作られたマウスパッド。
石でできているので曲がらず、
しっかりと手の動きを掴んでくれそう。

100円ショップのアイデア商品も楽しいけれど、
たまにはこういう工芸品もいいものですね。
木や石、土の自然が生み出す温かみを感じさせてくれました。

灯。

灯。


月夜に浮かぶ長い橋。

新しいLEDライトアップでライトアップが始まったようです。このムラなくくっきりとした姿は、LEDの力。
遠目に見ると、LED特有のチカチカした感じが際立っ、それはそれでまたいい感じです。

この日は点灯したままになっていましたが、日によっては部分ごとに明るさを変えて動きを出したり、一瞬真っ暗にして橋を消してしまったりと、変化していました。

謹賀新年

謹賀新年


昨日は初日の出を見てきました。
いい時間に目が覚めて。
よく考えてみると、初日の出を見たのって
生まれて初めてだったかも。
雲もなく、強烈に寒いわけでもなく、
とても穏やかな初日の出を迎えられました。

この日の出のように、
今年一年穏やかでありますように。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »