« 合戦場のしだれ桜。 | トップページ | ツツジの森。 »

大沼。

大沼。

山奥のその奥に、突然集落が現れて、
さらに集落の奥にありました。
大沼は、浮島で有名らしく
国の名勝にもなっているそうです。

浮島が風もないのに移動する。
山奥にあるので、その神秘性が増した感じ。
由来には、680年に見つかったらしいことが
書いてありました。
歴史に弱いので、いまいちピンと来なかったんですが、
大化の改新の後くらいですかね。

向こう側に鳥居があって、
「なかなか人が行けない場所にも鳥居があるのか」
と感心してみていたら、
木々の間を縫うように軽トラックが現れて
なにやら掃除をしているようでした。

山形は出羽三山があり、
山伏の修行だの、即身仏だの、
不思議なところが多くて
自分の中の眠っていた好奇心を
掻き立ててくれるところが多いようです。

不思議な空気漂う緑の中に、
ヤマツツジが映えていました。

« 合戦場のしだれ桜。 | トップページ | ツツジの森。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11149/63648960

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼。:

« 合戦場のしだれ桜。 | トップページ | ツツジの森。 »