« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の5件の記事

鳴子峡。

鳴子峡。

居ても立っても居られない。
紅葉の時期と桜の時期は、まさにその状態になります。
風景が一変してしまうからこそ、
そういう気持ちにさせられるんですかねぇ。
ということで、今年も鳴子峡に来てみました。

最盛期なので渋滞も半端じゃありません。
朝早めに行ったけれど、
駐車場に入るまでに30分かかりました。

紅葉の具合は、やっぱり最高。
去年はあいにくの雨模様だったので、
青空広がり、太陽の光が当たる紅葉した木々は
それぞれに輝きを放っていました。
たくさんの人が、この風景をスマホやカメラで撮っていましたよ。

今年は、谷底に降りることができるようになっていて、
光があまり届かず、ひんやりした空気が
川とともに流れていました。

強風が吹くまでの間、見頃が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山寺。

山寺。

山寺の紅葉見物に。
どんよりとした空模様でしたが、
たくさんの色を散りばめた風景が
車窓から飛び込んで来ました。

山の方はだいぶ紅葉が進んでいて、
やっと里にも降りて来たって感じです。

山寺奥の院への階段道は、
ご年配の方々が、息をはーはーさせながら、
終点はまだかまだかと登ってました。
自分の足で1000段以上もの階段を登らなければならず、
達成した時の達成感や、
絶景が眺められるのも
この寺が人気な理由のひとつかなと思います。

外国人、特に中国人が多いようで、
鬱蒼とした森の中に、
国際的な雰囲気が漂っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良。

安達太良。

去年、渋滞に負けて断念した風景を、
見にきました。
安達太良山の麓のスキー場から、
ゴンドラに乗って。

穏やかな日で、紅葉登山のお客さんで
賑わっていましたよ。

ゴンドラから眺める紅葉の風景は圧巻で、
上から眺めるののもいいものですねー。
雄大な風景にどこまでも続く錦の絨毯。

安達太良や吾妻の山々は、
針葉樹も結構あり、
緑が所々にあってポイントになってます。

真っ赤に紅葉しているのは、
ハゼの木でしょうか。
ひときわ注目を浴びているようでした。

写真右奥の山が、蔵王だと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼ。

田んぼ。

久しぶりに自転車に乗って、サイクリング。
田んぼもう稲刈り終わってるんですね。

夕暮れに、不安定な秋の空。
田んぼの中の一本道を、走りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

護美。

護美。

山間部に行くとあちこちに、
こんな鳥居のようなものが見られます。

何だろうと近づいてみると、
ちょっと不気味だなぁと思いながらも、
なんだろうと近づいてみると
目の間に「護美大明神」と書いてありました。

不法投棄防止のためなんでしょうかね。
人気がない深夜とかに捨てに来るんでしょうけど、
こういう鳥居と目が浮かび上がってきたら
ちょっと不気味で、近づかなくなるかも。

「護美」。「美を護る」と書いて、「ゴミ」。
なかなかセンスのあるネーミングですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »