カテゴリー「FX01」の33件の記事

色あせない写真。

 学校の前で撮った写真が飾ってあってさ...

Photo_3

 昭和13年撮影。もう、写真の中の主人公たちはおじいちゃん、おばあちゃんになってるでしょうね。

 この建物の中でこの写真を見たせいか、白黒写真なのに妙にリアルで、生き生きしていましたよ。

小さな小さな、机でした。

 尋常小学校の小さな机です。

Photo_2

 傷の付いた机は、ほのかな想い出の香りででね...。オレも、退屈だなぁ〜と思いながら、傷を付けたことがあったような...なかったような。

 昔の暖房といえば、だるまストーブですが...それ以前は、どんなだったのかというと...この写真、前から3つ机が並んだその後ろにある、囲炉裏みたいなやつ...角火鉢っていうのを使ってたんだって。

 休み時間には、あの火鉢をみんなで楽しく囲んでたんだろうね...。

学校の真ん中にあるものは...

 尋常小学校の真ん中にあるのは、校長室。

Photo_3

 窓の外に見えるのは、現代の小学校です。昔、この窓から見えたのは、どんな風景だったんだろう。

駆けていく子どもが...

 写真をぱちぱちと撮っていたんですよ。そしたら、袴のような着物姿で駆けていく女の子がふたり...

 ダ・ダダ・ダダダダダダ!

 時折、キャハハハハ! と黄色い元気のいい笑い声。

 あー、オレももうろくしたな。ついに、幻聴が聞こえるようになったか...。それとも、あれは座敷童か?

Photo_3

 地元の小学生が遊びにきていて...中でさ、記念撮影用の袴とか貸りてたようです。

 明治時代に一気に引き込んでくれた、小学生たちでしたよ。

廊下、窓。

 コの字型の校舎の中。教室は窓があり覆われていますが、廊下はオープン。

Photo_2

 その昔は、子どもたちと一緒に風も駆け抜けていってたことでしょう。

クロッカスも咲き出した。

 クロッカスと言えば、水栽培を思い出すんですよねぇ〜。

 あれ、おもしろいよね。下の部分を水に浸しておくと、たくさんの根が伸びてさぁ〜。子どもながら、「あー、生きてるなぁ〜」って実感したりして。

Photo_3
(写真クリックで拡大)

 こちらは地植えのクロッカスであります。まだ朝は寒いこともあるけれど、日中の陽気で元気に咲き始めましたよ。

 春の到来であります。

巨大エンドウ豆発見!

 巨大なエンドウ豆だと思いました。

Photo_7
(写真クリックで拡大)

 で、食いたくなりました。棚で、風にゆられてブラブラと...。

 右まきの「フジ」らしい。紫色の美しい花を咲かせるフジが、こんな大きなマメを作り出すとは...。知らなかった...。

 フジの種子、食っていいものではないらしいですね。

おい! たぬ公!!

 野生のタヌキが現れましたよ。

Photo_4
(写真クリックで拡大)

 動物園以外で見たのは初めてです。「証誠寺(しょじょじ)の狸囃子」のように、そもそもタヌキは夜行性のはずなんですが...

 みんながえさをやるものだから、昼間に出てくるようになっちゃったようです。かなり臆病なようで、ものすごくオドオド、キョロキョロしていました。

サクラサク...はもうちょい先。

 河津桜が、あちこちで満開になってますね。

 その親戚の大島桜。宮城では、写真のような状態です。

Photo_5
(写真クリックで拡大)

 ずいぶんつぼみが膨らんできたように見えます。今週は暖かい日が多いので、さらに膨らむんだろうな。

 「サクラサク」まで、もうすぐです。

斜めの太陽に浮かび上がる文字。

 いやいや、すごい幹だなぁ~...とこの太陽の光に浮かび上がったケヤキを見上げていたわけです。

Photo_3
(写真クリックで拡大)

 どうやら誰かが彫った文字らしい。


 一体全体、なんのまじないですか?

 と思い、奇妙な文字を見ていたんですよ。で、よく見ると「参上」の文字だけはなんとか判読できましたんです。誰かが参上しちゃったんですねぇ。

 ケヤキからのメッセージでした。